インタープリターブログ/県民の森(栃木県)

 

【県民の森 周辺道路・施設状況】

 

週末の大雪から3日目になって、ようやく各地の被害状況が報道されるようになってきました。 

県内でも、雪による停電、建造物の倒壊やスリップ事故など、さまざまな被害が出たと聞きます。
奥日光のいろは坂も二日間通行止めとなり、今日の午後にようやく開通するそうです。
関東圏だけでなく、甲信越地方全般に現在も、雪による孤立状態が続いている地域がたくさんあります。 
心より、お見舞い申し上げます。 

県民の森も、2/14午後から2/15にかけて降り続いた雪により、ここ数年にない積雪となりました。 
昨日は職員全員で除雪作業でしたが、本日はまだお客様用の駐車スペース数台分が確保できている程度です。
(画像は昨日午後のもの) 

今日12:00時点では森林展示館前の除雪も進み、写真よりも路面が見えてきた状況ですが、依然凍結が著しく、四駆でないと登りきれないかもしれません。(見た目よりも傾斜があります) 

(遠山) 

*********************************** 
【施設情報】 
森林展示館、マロニエ昆虫館は積雪により入り口の通路が確保しづらい状況で、本日は仮開館中です。 明日からは通常開館となります。(9:00〜16:00) 

・駐車場は、管理事務所すぐ下の電話ボックスのあるほうをご利用ください。
 数台分スペースが除雪済みです。 
・12:00現在、停電・断水などライフラインの問題はなく、お手洗い、水道がご利用いただけます。  
 近隣のみなさまもご利用ください。(16時閉館です)

*********************************** 
【周辺道路状況】 
・塩谷/矢板方面からは共に、強風による倒木で危険木/掛かり枝多数。 
・路面状況は、積雪/凍結でかなりの悪状況です。  
 お車では必ず冬タイヤかチェーン装着でご通行ください。 

<塩谷方面> 
県道63号線から県民の森には抜けられるが、凍結・積雪著しい。 
四駆車でないとスタックの可能性あり。 

<矢板方面> 県道272号線は、寺山ダムより上流は路面凍結著しくブラックバーン状態。 
ガードレールがないところも多いので、スリップに十分ご注意ください。 

<八方ヶ原方面> 
県民の森管理事務所からキャンプ場方面へは、除雪が入っていないのでご通行いただけません
イベント・お知らせ・報告など | 2014.02.17 Monday 13:49 | comments(0) | - |

【イベント告知】ミニ野鳥観察会2/11・2/23のご案内 



♪【ミニ野鳥観察会のお知らせ】参加者募集♪ 

初心者向けのごくやさしいバードウォッチング♪
県民の森インタープリターがご案内します(*^_^*) 

野鳥の生態や観察のコツをお話しした後、水鳥を中心とした野鳥観察を行います。

*********************************** 
開催日時:
平成26年 2/11(火・祝)・2/23(日) 
10:00〜11:00頃 (受付9:40〜10:00) 
※3月にも土日祝のうちで2〜3回の開催予定があります 

 集合場所:  
東荒川ダムサイト(尚仁沢はーとらんど駐車場)
(〒329-2216塩谷郡塩谷町大字上寺島1618-4)
 
参加費:   
 大人300円・小中学生150円・幼児無料
 受付時に資料代その他として受け賜ります。
 
参加要項:  
予約無用・当日受付時間内に集合場所にお越しください

服装など:  
防寒に適した服装・靴、グローブなどの防寒具、雨具、飲物等 
(積雪の中での観察の可能性もあります) 

その他:   
荒天中止(小雨・小雪程度の場合は開催します) 
双眼鏡、図鑑の貸し出し有 


☆詳しくは県民の森管理事務所(電話0287-43-0479)にお問い合わせください☆
*********************************** 

詳細は、県民の森HPのトップページの告知画像からのリンクもご参照ください。 
イベント・お知らせ・報告など | 2014.02.03 Monday 11:11 | comments(0) | - |

【県民の森施設・年末年始のお知らせ】

 


今年もあと1週間を切りました。 
高原山も、日に日に雪化粧が濃くなっていきます。 

さて、この年末年始の県森施設について、開館情報などをお知らせします。
*********************************** 
<年末年始の施設休館について> 
森林展示館・マロニエ昆虫館は以下の期間、年末年始の休館とさせていただきます。

 ★12/28(土)〜1/4(土) 休館 

なお、期間中、県民の森構内にてご利用できるお手洗いは、森林展示館下方(マロニエ公園広場隣接)の大駐車場内のみとなります。

*********************************** 
<チャレンジコーナー開催について> 
冬休み期間中のクラフト体験・チャレンジコーナー開催は以下の日程になります。

 ★1/5(日)〜1/7(火)=冬休み期間のため開催 
 ★12/28(土)〜1/4(土)=森林展示館休館のためお休み 

ご希望の場合は、森林展示館受付か、向かいの管理事務所スタッフにお声かけください。 

*********************************** 
ご不明な点は、県民の森管理事務所にお問い合わせください。 


ところで今日は、東荒川ダムサイト(尚仁沢はーとらんど駐車場)に行ってまいりました。 
 
来月1/25開催<森の集い>「冬のバードウォッチング」下見のためです。
これは駐車場からの、高原山山頂部の眺め。
冒頭の矢板市街地から見たものとは、風情が違いますね。 
来月の厳冬期には、この遠景も真っ白になっていることでしょう。 

ちなみに、本日お昼ごろに観られた野鳥は、カシラダカ、ホオジロ、ミヤマホオジロなどなど。 
水面にはカルガモ、マガモ、コガモ、オナガガモの定番カモ達のほかに、ホシハジロやカワアイサの群れも。 
カワアイサは50羽以上いました。 
当日はキンクロハジロもたくさんいるといいなぁ… 

ご予約の皆様、乞うご期待! 


(遠山)
イベント・お知らせ・報告など | 2013.12.26 Thursday 15:34 | comments(0) | - |

【報告】森の集い「ミニチュア門松づくり」終了

 


今日は冬至ですね。 
これからまた、夏に向けて日が長くなっていくのかと思うと、ウキウキしますね♪ 

さて、昨日は<森の集い>「ミニチュア門松づくり」が開催されました。 
地元の講師の方をお呼びして、木工体験館にて作業です。 

 
まずは土台作り。 

ワラをむしろのように、空缶に荒縄で巻きつけていきます。 
縄は3段で、下から7・5・3巻きの「七五三」と決まっているそうです。 
結び方も決まっていて、なかなか難しく、みなさん四苦八苦していました。 

ちなみに案内員2号の地元・関西では、ワラ(むしろ)でなく、竹を拍子切りにしたのを巻きます。 

 
土台ができたら、次は土を詰めて、竹を立てていきます。

竹はマダケを使用しました。 
こんな太いマダケの林、いまではなかなか残っていません。 
白く粉を吹いたようなモウソウチクとはちがい、肌がツヤツヤと濃い緑ですね。 

 
竹が立ったら、周りに松を挿してゆきます。 

しかしどうしても竹に目がいってしまいますが、よく考えたら、「門松」だから松が主役なんですよね。 

ちなみに、左の方が今回講師の村上先生です。 

「松ぼっくりついてたーッ♪」 
この後、このお嬢さんはずっと、松枝の山をかきわけて松ぼっくりを探し集めていました(*^-^*) 

 
松が整ったら、お飾りをあしらっていきます。 

 
みなさん、思い思いのセンスで飾りつけていらっしゃいました。 

来年は華やかな玄関で、歳神様をお迎えできることでしょう。 


(遠山)
 *********************************** 
(使われている画像は、参加者ご本人の承諾をいただいて使用させていただいております。 無断での転載・複製を禁じます。)
イベント・お知らせ・報告など | 2013.12.22 Sunday 13:44 | comments(0) | - |

展示館のすす払い。

本日の9:00時点での気温は約2度でした。
だんだん朝の気温も下がってきていますね。

本日は、森林展示館のテラスおよび玄関先のすす払いです。
竹藪から切り出してきた竹で、普段でも届かない
天井のすす落としです。
(竹じゃないと届かないって噂もあるみたいですよ?)


自動販売機付近も・・・


一番高いであろう軒下も・・・・・・


展示館入り口の上も・・・・・


竹を使ってフッサフッサと今年1年の疲れを落とします。
森林展示館、来年もよろしくね。



(石下)
イベント・お知らせ・報告など | 2013.12.13 Friday 13:40 | comments(0) | - |

第16回目森の集い【日曜大工教室2回目】

昨日、12月07日(土)に
森の集い【日曜大工教室2回目】が開催されました。
今日は、そのご報告をしたいと思います。


作る日用品は棚と縁台があり、
参加申し込み時に決めて頂いていました。

棚は自分の好みの高さに横板を決めることができます。
A4サイズの物を入れたり、ミシンを入れたり・・・・。


縁台は1.5人分ぐらいの座れる大きさ。
座る以外にも、いろいろな使い道がありそうです。

24名の参加者のみな様は、
説明を聞いたり、質問をしたりしながら、
自分のペースで完成を目指していました。


こちらは、棚の背板を打ち付けているところ。
金づちを使って、釘をしっかりと打っていきます。


こちらは、縁台の足元部分。
曲がらないように慎重に釘を打っていきます。


私たちスタッフもお手伝い。

寒い中での開催になりましたが、
ご参加いただいた皆様、ありがとうございます。



次回は
12月21日(土)ミニチュア門松作り【受付終了】
来年1月25日(土)冬のバードウォッチング【受付中】
になります。


(石下)
イベント・お知らせ・報告など | 2013.12.08 Sunday 10:51 | comments(0) | - |

新作ができました。

おはようございます。
日に日に寒くなってきていますね。
県民の森構内も、遊歩道は落ち葉に覆われています。
(歩くときは、足元に注意ですね。)


さて、タイトルにある【新作】というのは
展示館内にある物販コーナーで並んでいる
缶バッチの事です。
今までは3種類だったのですが、
明日12月1日より2種類増えて、計5種類になります!
サイズは今までの3種同様43ミリのやや大きめ。
値段も同じく150円。
絵柄は、【キビタキ】と【オオルリ(羽ばたきVer)】です





では、1個ずつご紹介。

県民の森に来る夏鳥の1種【キビタキ】です。
学名とローマ字で名前が入っています。
(学名は「高野伸二著 フィールドガイド日本の野鳥 増補改訂版」を参考にさせていただきました。)



続きまして、【オオルリ(羽ばたきVer)】です。

前回の反省を生かして、こちらはオオルリの全身が入ってます。
ルリ坊、飛ぶ気満々です。
頑張れルリ坊。




これから冬になっていく県民の森ですが、
新しく仲間になった夏鳥の缶バッチを
よろしくお願い致します。


(石下)
イベント・お知らせ・報告など | 2013.11.30 Saturday 10:15 | comments(0) | - |

【報告】ミツモチ山登山

先週末は、プライベートガイドのモニタリングツアーとして、お客様をお連れしてミツモチ山に登ってまいりました。 

ご協力いただいたのは、県内在住のママ&お子さん連れのお2組。 
コースは、いつもの<森の集い>と同じ、育樹祭会場発着で西コース登り/東コース下りのルートです。 

 
西コースは、山頂までの標高差500mほどをほぼ直登です。 
これまた<森の集い>と同じペースで、大きな休憩2回+自然解説で立ち止まるのをチョコチョコはさみながら、のんびり登りました。 

出発から30分足らず、すでに小さいお子さんからは「着くのまーだ〜〜〜?」という声が(^_^;) 
がんばってね!先は長いよ! 

 
木の洞を、なにかいないかと覗くお嬢ちゃん♪ 
残念ながらこの洞には何も入っていませんでしたが、周りのブナの幹には、リスやムササビのものと思われる爪痕がけっこう残っていました。 
標高900m程のブナ林に入ると、いろいろと観察できる動物の痕跡も出てきます。 

なにか興味を持てるものが見つかると、テンションも上がって、足も軽くなるのが子供さんの素直なところ(笑) 

ちなみにこの付近は、クマ棚(ツキノワグマが樹上で採食した跡)もよく見られるのですが、今年は台風被害で枝折れが激しいので、どれがそれかわからない状態でした。 
今年は見てもらえず残念ですが、来年に期待したいと思います。 

 
ご存知のように、この付近はブナの巨木が多く生えています。 
ママさんのお一人が、急にこの樹がイイネと近づき、パシャリ。 
「樹からなんだか話しかけられた気がした。」だそうです(*^_^*) 

 
2時間ほどで山頂。お昼ご飯に。 
たくさん歩いたから、おにぎりが美味しい! 

今回ご参加いただいたお子さんで、小学一年生の女の子がいらっしゃいましたが、到着後もさほど疲れた様子もなく、元気に歩き回っていました。 
高学年の男の子は、何も言わず余裕でスイスイ登っていました。 
子供さんにもそんなにきつくない登りです。 

さて下山は、東コースです。 

 
山頂からしばらくはススキ・ササ原なので、山麓のパノラマを観ながら降りていきます。

左は那須連山、那須野ヶ原、遠くに八溝山地。
右は塩谷から矢板市街地、遠くに羽黒山、さらに遠くに筑波山と関東平野。 

 
帰りはゆるい傾斜をひたすら歩きます。 
子供さんたちは元気にたったか降りていき、案内員は追いかけるのがたいへんでした(笑) 

東コースは、春はカタクリなど草花、夏〜秋はカエデ類やナツツバキなど、植物の観察できるものが多くあります。 

 
ツルウメモドキが信じられないぐらいたわわに実っていました。
まさに樹幹を埋め尽くすような光景が、あちこちで見られました。 
今年はホント、木の実類が豊作ですね。 

 
最後は、「ミツモチの美味しい水」で休憩。 


休憩と自然観察ふくむ全行程で、およそ5時間強の登山でした。
おつかれさまです! 

今回の行程では、おかげさまで、今後のガイドプログラムの参考になるようなことがたくさん得られました。 
ご参加の皆様、ありがとうございました♪♪♪ 


(遠山) 

*********************************** 
県民の森では、自然にふれ、その恵みを感じていただくために、様々な体験プログラムをご提供しています。
専属インタープリターの自然解説とともに森を歩く、団体様向けのガイドプログラムもご準備しておりますので、気軽にお問い合わせください。
*********************************** 
(使われている画像は、参加者ご本人の承諾をいただいて使用させていただいております。 無断での転載・複製を禁じます。)
イベント・お知らせ・報告など | 2013.11.27 Wednesday 14:56 | comments(0) | - |

【報告】森の集い「つるを探してクリスマスリースづくり」終了



11/24本日、主催事業<森の集い>「つるを探してクリスマスリースづくり」が開催されました。 

前半は、県民の森構内の林に入って、野生のつる集め。 
後半は、採ったつるを使って、木工館でリース作り。 
半日の、楽しい体験イベントとなりました。 


前半は、参加者のみなさんと車で移動して、小さな沢沿いの林でつる集めです。 
 
リースに向いているつるは、アケビ、フジ、コクワ(サルナシ)など。 
逆に向いていないのは、クズ(折れやすいから)だそうです。 

しかし、今日もお天気が良いですね〜♪ 

 
みなさんには、ご自分の作りたいリースのイメージに合わせて、それぞれつるを採って頂きました。  

つるに取りつかれていることは、樹にとっては成長を阻害されることにもなるので、樹にかかっているつるを取り払うことは、森林整備の目的もあります。

 
お望みの太さのは見つかったかな? 

 
つる取りの最中に、木に登り始めた少年(笑) 
いつもこんな遊び方をしているのかな? 

久しぶりに木に登る子供さんに会いました。 
案内員2号も子供の頃は、こうやって木登りや野を駆けまわって遊んでいたので、なんだかうれしくなりました。 

つる集めが終わると、木工館までもどって、いよいよリースづくりです。 
 
ご自分で採ってきたつるを、くるくると巻いてリース土台作りです。 
汚れていなければ、特に下処理などしないで、そのまま使用できます。 

 
土台ができたら、針金やホットボンドで飾りをつけていきます。 
みなさん、それぞれ好きな飾りを持参されていました。 

 
こちらのグループは、いろいろな種類の松ぼっくりを持ち寄られていました。 

 
自然の木の実や、リボン、市販のクリスマス飾りなどで美しくデコレーションされ、それぞれ個性的なリースが出来上がった様子です♪ 


(遠山)
*********************************** 
(使われている画像は、参加者ご本人の承諾をいただいて使用させていただいております。 無断での転載・複製を禁じます。)
イベント・お知らせ・報告など | 2013.11.24 Sunday 15:04 | comments(0) | - |

材料集め〜その1〜


本日も県民の森がある、高原山は青空が広がっています。

今日は、24日に行われる「クリスマスリース作り」の
材料集め第一弾です。
案内員1号を含む、スタッフ4名で
主役級の材料、松ぼっくり集めです!


(写真は、集め途中のものです。)
厳選して集めているので、
もしかすると当日【お1人様〇個まで】と
制限をかけさせていただくかもしれません。
ご了承下さい。


そして、松ぼっくりといえばコレです。

森のエビフライ〜。
料理人はリスさんかな?ムササビさんかな?


(石下)
イベント・お知らせ・報告など | 2013.11.21 Thursday 15:03 | comments(0) | - |

このページのトップへ