インタープリターブログ/県民の森(栃木県)

 

「大寒」の冬芽チェック

年が明けて、あっという間に3週間。
本日「大寒」に入り、
次の節句はいよいよ「春分」。
そろそろ暖かい春が待ち遠しくなってきましたね。

構内で年明け最初に花咲くのは、
体験の森の植栽マンサク。
もしやと思って立ち寄ってみたら、
やっぱりすでに咲いていました(汗)

抜ける青空と黄色の吹き流しのコントラストが美しい。
ああ至福。

「まんさく、まず咲く、まんず咲く」などと呟きながら
ミツモチの丘に上って育樹祭会場跡緑地を眺めます。
右奥に羽黒山が見えます。
そろそろロウバイが見頃になっている頃でしょうか。

もうひとつの気になっていた花木はミツマタ。
こちらの開花はまだ先のようですね。
ふくらんだ蕾たちは銀毛のビロードに覆われて暖かそう。
このところ寒さが緩んでますが、
実際はこれからが厳寒期。
生きものたちはそれぞれ独自の越冬方法で、
冬の寒さや乾燥を耐えています。
見回してみると、ミツマタのほかにも
ふかふかな冬芽がいくつか見つかりました。

ふかふか冬芽の代表格、コブシ。
長めな毛がふさふさと密生していて
ゴージャスなコートのようです。

ナツツバキも堅い芽鱗が落ちて、
内側の暖かそうな軟毛が目についてきてます。

絹のような、なんとも上品な手触りです♪

事務所玄関前ではオキナグサが芽を出しはじめています。
こちらは柔らかそうな長い毛で動物的な雰囲気。
オキナグサは河原などで北風に耐える必要があるためか、
茎も葉も花も毛深いですねー。
日に日に膨らんでくるこれらの芽をチェックするのが、
これからの楽しみのひとつです。
(アクツ)
自然情報(植物) | 2018.01.20 Saturday 11:49 | comments(0) | - |

宮川渓谷と道路状況【1月15日現在】

ここのところ朝晩の冷え込みが一層厳しいですね。

昨年よりもなんだか寒い気がします(*_*)

 

 

創造の滝も凍りました。

1/5の時点でまだ水量があり、『玉氷』が見られました。↓↓

 

 

 

1/14には水はチョロチョロ

玉氷は滴る水とつながり『氷柱』へと成長しました。とても幻想的です。

『玉氷』を観察したい方は上流の傾聴の滝へ足を運んでみて下さい。

 

 

また宮川渓谷沿いの遊歩道には一部雪が残っている箇所があります。

午後になると写真のように遊歩道が影ってしまい、更に寒く感じます。

散策される方は早めの行動と足元にご注意下さい。

 

 

 

 

 

 

 

そして今朝は構内を一部、巡視してきました。

 

森林展示館から先の林道高原線〜56号線の間は

除雪車が入らない区間なので日陰のところでは

わだちになったまま凍ってしまい、

いつも通り運転しようすると行きたい方向へは行かせてはもらえません。

そういう場合はタイヤの行きたい方へ行かせてあげましょう(^_^;)

 

 

特にキャンプ場を過ぎたあたりからは

氷が厚くわだちがの溝が深いです。

運転に自信のない方は引き返して頂いた方が良いと思います。

スリップや衝突などの恐れもありますので、

運転と擦れ違いには十分にご注意ください。

 

こんな状況ですので56号線、泉方面からアクセスはおすすめしません。

森林展示館までのアクセスは、

矢板方面なら長井から北上して頂くか、塩谷方面からお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

植樹祭記念緑地

雪をかぶった日光男体山と女峰山が眺望できました。

この辺は日当たりが良いのであまり雪は残っていません。

 

 

 

 

駐車場の脇には誰かが作ったかまくらが残ってました!

私が入るのはちと厳しかったです。

 

 

 

(本多)

 

 

 

 にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村  

 にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ にほんブログ村 

イベント・お知らせ・報告など | 2018.01.15 Monday 14:05 | comments(0) | - |

謹賀新年

 

 

新年、明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます正月

 

 

 

 

 

 

まずは毎年恒例

スタッフ全員で山の神へ新年のご挨拶。

山に入る人々皆さまが安全に過ごせますようにお祈りいたしました。

 

 

 

気持ちを新たに

今年も自然を感じて楽しめるようなイベントや情報発信を

どんどん行っていきますので是非チェックしてみて下さいわらうき

 

 

 

 

 

 

年明けは積雪もあり、

県森もだいぶ寒さが厳しい季節になっていました。

 

 

 

創造の滝つぼ周辺では

今年も「玉氷」(たまごおり)という美しい丸い氷が出現!

連日多くのカメラマンさんが訪れています。

天気がよいと太陽に光にキラキラ輝いて綺麗き

これって寒いともっと大きく育つのかな〜?

今後も観察していきます!

 

宮川では玉だけじゃなく、様々な形の氷が出現します。

是非自分のお気に入りの氷を見つけてみてはいかがですか?

 

 

 

 

<お願い>

滝までの遊歩道は凍結や雪で足元が大変滑りやすくなっておりますので、

散策へ行かれる方はご注意下さい。

 

 

 

それでは今年も健康第一でがんばりましょう!

 

 

(本多)

 

 にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村  

 にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ にほんブログ村 

イベント・お知らせ・報告など | 2018.01.06 Saturday 15:38 | comments(0) | - |

「ぼっくりツリー作り」やります!

こんにちは!

 

 

クリスマスも近づいてきて、いたるところクリスマスモードき

 

お家でパーティする人、イルミネーションを見にお出掛けする人など様々だと思いますが、

 

県森でもささやかなクリスマス仕様のクラフトを準備いたしました。

 

 

 

 

 

その名も「ぼっくりツリー」クリスマス

松ぼっくりを使った小さなツリーに自分で飾り付けするクラフトです。

ツリーの色は4色。ゴールド、シルバー、グリーン、縁だけ白いものの中から選べます。

お子様も簡単にできるので、ご家族で楽しく作れますよ!

手のひらサイズのツリーなので2個違う感じに仕上げて並べておくのも可愛いですね

土日祝開催のチャレンジコーナーの中のひとつとして開催いたします。

 

 

 

 

《チャレンジコーナー ぼっくりツリー作り》
日  時:12月16日(土)限定
時  間:11:00〜12:00
     13:00〜14:00
料  金:1個100円
申込方法:当日開始時間30前までに森林展示館窓口へ
     お越しください。予約はできません。

※ぼっくりツリーにはグルーガンを使用します。小さいお子様には保護者様が付いていただきますようお願い致します。
※他のクラフトメニューなどもありますので、そちらも行うことができます。

 

 

(本多)

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村  

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ にほんブログ村

 

 

- | 2017.12.13 Wednesday 10:57 | comments(0) | - |

竹を使ってバウムクーヘン作り

本日は朝から時おり雪が舞っています。

風が冷たいです。

年内に雪が積もるのか積もらないのか・・・・。

(-_-;)少々心配でございます。

 

 

12月9日(土)に

アウトドアクッキング【竹を使ったバウムクーヘン作り】を

開催いたしました。

今回は午前と午後に各2組づつ計4組での開催です。

寒い外での作業になるので、焚き火台も設置です。

 

まずは生地作り。

卵を黄身と白身に分けて、白身はメレンゲにします。

先に割ってから、お玉で黄身を取り出すのも

いいアイディアです♪

外での作業なので、メレンゲも手動で作ります。

頑張れ!

 

そして、焼きの作業へ・・・・

最初の層は薄くしっかり焼きます。

竹が熱くなるので軍手着用です。

息を合わせて生地が垂れないように

竹を回して焼きます。ぐるぐる〜。

火のそばでの作業ですから、暑くもなります。

風邪ひかないようにね。

そろそろ生地も少なくなってきたかな?

あと少し!

 

竹から取出し、切っていきます。

どれくらいの大きさで食べようか?

 

ハチミツをかけたり、そのまま食べたり。

美味しいバウムクーヘンができたかな?

 

 

次回のアウトドアクッキングは

2月4日(日曜日)

【竹を使ってつくるバウムクーヘン】です。

こちらも

・午前(10:00〜12:00)

・午後(13:00〜15:00)

の2回開催です。

申込受付時に希望の時間帯をお伝えください。

※ただし、先着順になりますので、

枠が埋まってしまっている場合があります。

申込受付は年明け

2018年1月5日(金曜日)8:30からを予定しております。

 

 

(石下)

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村  

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ にほんブログ村

イベント・お知らせ・報告など | 2017.12.12 Tuesday 14:54 | comments(0) | - |

このページのトップへ