インタープリターブログ/県民の森(栃木県)

 

秋の気配と森の仲間たち

里では稲穂が色づき、
金木犀の匂いがときおり風に乗ってくるようになりました。

去りゆく夏を惜しみながら、
県民の森の展望台方面を少し歩いてみました。



遊歩道にクリの小枝がいくつも落ちていました。



拾いあげてみると、
実が何者かにかじられています。



切り口は、以前紹介したハイイロチョッキリとは違って、
斜めに切られています。

これはムササビが齧ったしるし。

クリの実は好物らしく、
実を食べては枝を下に落としていたようです。



これは両手で二つ折りに持って、
葉を食べた跡みたいですね。

ムササビは食べながらよくポロっと落とすらしいので、
森を探せば、チョッキリの落とした小枝に混じって、
ムササビの落とした小枝もよく見つかります。



クリの葉をチェック。
鋸歯のトゲまで緑なのがクリ。
クヌギはトゲが白い。



芽が、小さなクリの実のような形。



先に歩いていくと、
今度はモミの鱗片がバラバラと落ちてます。



見渡すと数カ所かに固まって落ちています。

鱗片をバラして中の種を食べていたようですね。

地上で食べているようなので、
おそらくリスの食べあと。

ムササビはほとんど地上には降りないらしいです。



アカマツの松ぼっくりもエビフライ状態になってました。
これもリスかな?



ハイイロチョッキリの落とした
ミズナラのドングリを齧ったのは誰かな?

そんな風に下を見ながら歩いていたら、
アマガエルくらいの大きさの小さなカエルが歩いていました。



誰だろうと思ってよく見てみると、
どうやらアズマヒキガエルの幼体のようです。
はじめて見ました!

この時期にこのサイズということは、
毎年少しずつ大きくなるのだろうか。



少し先では立派なサイズの成体も見かけました。



はじめに桜の葉が落ちて、
次にナナカマドの葉が色づいてくる。

そんな風に季節が少しずつ進んでいきます。

(アクツ)

***「森の案内人だより」はランキング参加しています!
   お気に召しましたら、ぜひ下記ボタンをポチッと押してください♪
 
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ にほんブログ村
自然情報(動物) | 2014.09.06 Saturday 16:36 | comments(0) | - |

6月のモリアオガエル振り返り【注意!ヘビ画像あります!】

 


6月上旬は最盛だった森林展示館の池のモリアオガエル産卵も、中旬にかけゆる〜く減少していきました。 


 
<6/13撮影>この頃はすでに、一段落。 
新しい卵塊も1日に数個増える程度。 
黄色みがかったのが、産み付けられて数日たったものです。 


 
<6/13撮影>成体とも、1日に数匹会えるかどうかといったところ。 

産卵を終えて疲れ切ったようすのオスが、よく水面に浮いていましたっけ。


 
<6/19撮影>中旬を過ぎると、ほとんどの卵塊がもう成熟し、オタマジャクシがポトポト落ち始めていました。 
(卵塊の中央部分、いままさに水面に落ちようとするオタマが縦に並んでいるのが見えます) 

そして下旬には、成体に会えるのも数日に一回、卵塊もあまり増えなくなってきた「そろそろシーズンも終わりかな〜」と考えていたここ最近。 

ところが先週あたりから、またあちこちでコロコロコロ…」という声が。 
卵塊もぽつぽつ増えています。 


 
成体にも、ひさびに会えました♪ 

このお肌のプツプツ感、やはりアマガエルのつやつやしたのとは、明らかに質感が違いますね。 

そして今朝は、ひさびさの大…とはいかないまでも中ぐらいの合唱でした。 
池の周りでかわいらしい声が響きます(*^_^*) 

また小さな産卵ピークが来るのでないかと、期待しています。 


<おまけ>(ヘビ注意報!画像があります!) 
ヘビの話題になりますので、画像で見ても大丈夫な方は下にお進みください〜












                     
ホントに大丈夫ですか? 








                  
はい!こちら! 
 
じつは、一枚上のモリアオちゃんのすぐ近くで、ヤマカガシが枝に潜んでいました。


 
めっちゃ狙ってはる… 

モリアオちゃんの無事を祈りつつ、その場を離れました。 
しかしきれいですね〜(*^_^*) 


 (遠山)

***「森の案内人だより」はランキング参加しています!
   お気に召しましたら、ぜひ下記ボタンをポチッと押してください♪
 
自然情報(動物) | 2014.07.06 Sunday 16:28 | comments(0) | - |

六月の虫たち

雨が続きますねー。

青空を数日見ないと
こころなしか気が滅入りがちですが、
県民の森の昆虫たちを見て、
少しテンションをあげていきましょう!



ホソオビヒゲナガ(6/1)
かわいいコゴメウツギの花上にて。



ホソミオツネントンボ(6/2)
地味な色合いで越冬していましたが、
すっかり成熟して綺麗なブルーに変わりました。



クロスジギンヤンマ(6/2)
煌めきながら森林展示館下の池を悠然とパトロールしてました。




シロシタホタルガ(6/5)
サワフタギの花が咲く頃、葉上に愉快な模様のイモムシの姿が。



ビロウドコガネの仲間(6/13)
上品な質感と3本の立派な触角が魅力的。



クロヒカゲ(6/15)
コアジサイに誘われて林内を散策していると出会います。



アキアカネ(6/21)
体験の森周辺でアキアカネをたくさん見かけました。
初夏の高地への移動が始まっています。
県民の森や八方ヶ原よりもさらに高地へ上っていくようです。



カメムシタケ(6/21)
カメムシから発生する冬虫夏草。
発生したてで、これからオレンジの柄が10cmくらいまで伸びます。

梅雨の季節は動物も植物も、もっとも活動が盛んになる時期。
天気と時間のタイミングが合いましたら、
ぜひ県民の森の散策をお楽しみください。

(アクツ)

***「森の案内人だより」はランキング参加しています!
   お気に召したらば、ぜひ下記ボタンをポチッと押してください♪
 
自然情報(動物) | 2014.06.22 Sunday 12:01 | comments(0) | - |

サンコウチョウがきた!&クロツグミとの出会い

 


本日、森林展示館スタッフが構内巡回中に、サンコウチョウのさえずりを確認しました! 

少し前から、構内で聞いたという情報がチラホラ耳に入っていたのですが、本日正午にようやく確認できました♪ 
県民の森の人気者のご登壇です(*^-^*) 

それ以外にも、今日の森林展示館周辺ではオオルリ、キビタキ、クロツグミ、イカル、モズ、サンショウクイ、ホトトギス、カワガラスなど、夏鳥たちの鳴声がまだまだ賑やかに響いています。 


先日も、滝の写真を撮っていたら、視界の隅をチョコチョコと動く影… 

 
お、クロツグミ!(゚д゚*)


 
虫を探しているのか、しきりに土の上や岩のあいだの落ち葉をさぐっています。 
こっちにはまったく気づいていない様子(笑) 

動かないでいると、こんな近くまで近づいてきてくれました。 
(85mmレンズで撮り1/3ほどにトリミングした程度です)


 
見つけた餌らしきものをくわえています。 
クロツグミはよくこうして、地上に降りて餌を探す姿が観られます。 

アイリングと嘴のオレンジも鮮やかな、美しい雄でした。 


樹上の葉がおいしげって、上空の野鳥は観察しにくくなりましたが、こういう種類もいるので地上にも注目してみてください♪ 


 (遠山)

***「森の案内人だより」はランキング参加しています!
   お気に召したらば、ぜひ下記ボタンをポチッと押してください♪
自然情報(動物) | 2014.06.16 Monday 15:41 | comments(0) | - |

モリアオガエルの産卵がピークです

 


三日前の投稿で「入梅も近いですね」とか言っていたら、その翌日に梅雨入り宣言が出てしまいました(*_*)
昨日から雨が降り続く県民の森です。 



先日からお伝えしていますが、森林展示館周辺のモリアオガエルの産卵シーズンが本格化しています。 

毎朝、出勤して数えても、綿アメのような卵塊が10〜20個ずつぐらい、順調に増えておりますよ〜♪ 


 
水上に張り出した樹の枝などに、このようなふわふわした卵塊を産みつけます。 

表面は、最初は真っ白でねっとりしているのですが、一日ぐらいたつと乾いてちょっと黄ばんできます。 
触ると、カサカサしたお麩のような感触… 

表面が硬くなるのは、中の卵を衝撃や乾燥から守っているんだそうです。 


成体も観察でき、昼間から「コロロロロ...」という声が響いています。  
これはオスかな? 
こうやって木陰に潜んで鳴きながら、夜の来るのを待っている様子。 


あっちでこっちで産卵行動が繰り広げられています。  
複数個体が集団で、1個の卵塊を作り上げていきます。 
中心部にいる大きいのがメスで、周りをオスが取り囲んでしがみついています。 

メスのお腹が卵でポンポコリンですね〜(*^_^*) 


 
正面のオスと、その向こうのメスと、ウエストが3倍近く違いますね。 

産卵行動は、基本は夜間主体らしいですが、ピークになるとこのように昼間からでも観られます。 


 
こちらのオスは、ゲットしたカノジョがグラマーすぎて、腕がまわらないようです(笑) 
(通常は、オスはメスの脇の下に腕をまわしてしがみつきます) 


 
たまにオスがこのように、むき出しの枝の先でじっとしていて心配になります。 
鳥に見つからないようにね〜(^_^;)


散策用に整備された池なので、すぐ間近で見ることができますよ。
例年ですと、ピークは6月下旬まで続きますが、今年は少し早まりそうな雰囲気です。
まだ見たことのない方は、今のうちにぜひ!


 (遠山)
自然情報(動物) | 2014.06.07 Saturday 15:45 | comments(0) | - |

タゴガエル!

県民の森の沢沿いを歩くと、
春先からそこここの石の下から「ググーググー」という声が聞こえてきます。
アカガエルの仲間で山地に生息するタゴガエルの声。。。と思われる。

というのも、折にふれ、声のするあたりを探してみるのですが、
卵は見つかっても声の主は見つからないのです。
声はすれども姿は見えず。
なんとももどかしい日々を過ごしていました。

が、先日、案内人遠山の命令で石をめくっていると、ついに!
 
続きを読む >>
自然情報(動物) | 2014.06.02 Monday 10:35 | comments(0) | - |

カエルの唄が聞こえてくると・・・・

「ころころころ・・・・♪」とここ数日カエルの唄が聞こえてきます。
そんな唄が聞こえてくると、
展示館の前にある池では
綿あめみたいな白くてフワフワしたものが登場します。

そう、今年もこのカエルさん達の季節がやってきました!

モリアオガエルさん達です!
数日前から少しではありますが白い卵塊を見かけていたのですが、
昨日は4個、本日は約13個になっていました。
第1次産卵ブーム?


池の別の場所では、

2〜3個の卵塊が合体しているのでしょうか?
大きいです。


イトトンボの仲間も飛び始めていて、
池の周りはまた賑やかになりそうです。




(石下)
自然情報(動物) | 2014.05.27 Tuesday 10:22 | comments(0) | - |

子育てに入ります!

おはようございます。
昨日の「とちぎ640」はご覧になっていただけたでしょうか?

同内容は
自然情報(動物) | 2014.05.16 Friday 09:57 | comments(0) | - |

森の案内人3号

今月デビューしました森の案内人、アクツです。

これから森の昆虫や花の様子などをお知らせしていきたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いします。



第二展望台付近にてミヤマセセリ。

本日、ウスバシロチョウ初見です。




ニワハンミョウもキラキラと道案内してくれています。

新緑の県民の森にどうぞおいでください。


(アクツ)
自然情報(動物) | 2014.05.11 Sunday 16:07 | comments(0) | - |

両生類の季節もやってきた

標高500mほどの森林展示館周辺では、カタクリもスミレも咲いたし、オオルリ・キビタキもさえずり始めました。 
野鳥、野の花と、県森夏シーズンの主役たちが出そろい始めましたね。 

さて、もう一つの主役、両生類たちも活発に動き始めています。 
すでにテキストではお伝えしていますが、ここのところの県民の森構内・両生類情報をダイジェストでどうぞ〜♪ 


●4/12アズマヒキガエル卵塊初確認(森林展示館の池)

4/4に成体1を確認していましたが、中旬前後から数匹を確認、4/12に卵塊の確認ができました。 


では失礼して、触らせていただきます♪ 
ヤマアカガエルと違い、粒々の卵塊でなく、長いウドンのような卵のうに入っています。 
これ一本で一腹分ですが、長すぎてからまって、何個体分あるのか解りません… 

少し遅れて、例年では5月上旬にミツモチでもカエル合戦が観られるので、楽しみです♪ 

●4/12ヤマアカガエル孵化はじまる(森林展示館の池)

4月上旬に産み付けられた卵塊から、続々とオタマが出てきております。 
池の金魚に捕食されないよう、水量を調整したり囲いをつくったり、(石下)が奮戦しております。 

 
この日、池の底を見ると、抱接しているカップルがいました。 
4/4以降は卵塊は増えていないのですが、昨年は5月連休頃にも新しい卵塊があったので、まだまだ産卵シーズンは終わっていないと思われます。 

●4/19トウホクサンショウウオ卵塊初確認(宮川渓谷)

そして今回の発見!宮川渓谷でひさびさにトウホクサンショウウオ卵塊を確認しました! 
水がよどんだところ、落ち葉の溜まった下に産み付けられています。 

ここ数年、確認できる数が減ってきていて心配でしたが、今年はなんとかこの一か所確認できました。 


卵のう(卵の入っている袋)の表面にはっきりした細かい縦条線が入るのが、特徴です。 
2本で一腹分なので、4本あったから2匹いたのかな?  


このあとは、5月下旬にはモリアオガエルも動きはじめます! 
県民の森は水辺もにぎやかになりますよ。楽しみですね〜♪♪♪ 


(遠山) 


(サンショウウオ類の産卵場所は非公開とさせて頂いております。あしからずご了承ください。)
自然情報(動物) | 2014.04.22 Tuesday 11:35 | comments(0) | - |

このページのトップへ