インタープリターブログ/県民の森(栃木県)

 

今週は暖かい?

 

展示館周辺の雪もすっかり融け、車道の雪は日陰や雪かきで溜めた場所ぐらい?になっています。

 

 

 

創造の滝の氷も心なしか少なくなったような・・・・・

そうでもないような・・・・

遊歩道も橋の上や日当たりの良い場所は地面が見えてきています。

気温的には暖かいけど、風が冷たいので、

暖かい上着・帽子・手袋、耳あて等の防寒対策をお願いします。

 

冬芽もだんだん大きくなってきてます!

寒さに負けず、お互いに頑張ろうね!

 

(石下)

 

〈観察できた野鳥〉(2017.2.13/14確認)

シジュウカラ・ヤマガラ・ヒガラ・エナガ・ゴジュウカラ

コゲラ・ミソサザイ・カケス・カワラヒワ・ベニマシコ

ジョウビタキ♂・キジバト・ヒヨドリ・ガビチョウ


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ にほんブログ村

<ご注意>遊歩道では岩の裂け目や、凍結した上に薄雪がかぶって見えなくなっている場所も多いので、散策の際は転倒などしないよう足元に十分お気をつけ下さい。

自然情報(その他) | 2017.02.15 Wednesday 10:31 | comments(0) | - |

厳冬の森 野鳥情報など

 

 

本日は節分、明日は二十四節気の「立春(りっしゅん)」で、暦の上では春となります。

ただし実際は、山では厳冬期の真っただ中ですよね。

 

その代わり、日が長くなったのを感じます。

晴れた日は、日差しが眩しく、くっきりと青い空が広がります。

 

宮川の沢は雪かぶり。

雪の白と、青空とのコントラストが美しいです。

 

創造の滝ですが、一昨日に行ってみたら、こんなことに…

 

滝壺の表面が凍ったのが、水位が下がってバキバキに割れていました。

一年のうち、今だけの風景です。

 

本日は、こんな様子。

水がすっかりなくなり、氷柱が広がっています。

 

写真を撮りに来ているお客様の姿も。

午後は陽が射さないので暗いですが、午前は陽が射しこむのできれいですよ。

 

さてさて、冬鳥たちも本番です。

【ここ最近の観察できる冬鳥】

シジュウカラ、ヤマガラ、ヒガラ、エナガ、ゴジュウカラ、コゲラ、アカゲラ、カワラヒワ、マヒワ、ホオジロ、カシラダカ、ベニマシコ、ルリビタキ、ジョウビタキ、カケス、ツグミ、シロハラ、アトリ群、ヤマドリ、キジバト、カワガラス、ミソサザイ などなど

 

今年は何故か、イカルの声をあまり聞きません。

かわりにアトリは本日、300羽以上の大きな群れを確認しました。

暖かい日は、カワラヒワやマヒワも森林展示館周辺でさえずっています。

今年は特に、ヤマガラの個体数が多く感じられ、周辺ではすぐ近くまで近づいてチョコチョコしている姿を毎日見かけます。

沢では、ミソサザイの動きが活発になってきました。

 

レンジャク類もそろそろ注意していないと、やってきてもおかしくない季節ですね。

(遠山)


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ にほんブログ村

<ご注意>遊歩道では岩の裂け目や、凍結した上に薄雪がかぶって見えなくなっている場所も多いので、散策の際は転倒などしないよう足元に十分お気をつけ下さい。

自然情報(動物) | 2017.02.03 Friday 16:04 | comments(0) | - |

【報告】竹バウムクーヘン

気が付けば本日は1月の31日となりました。

ついこのあいだ2017年になったばかりだと思っていたのですが…

早いものですね。

 

 

 

1月29日(日)に2回目のアウトドアクッキング・竹バウムクーヘンを実施いたしました。

前後の天気に少々ハラハラしておりましたが、

当日は微かに風が吹く程度となりました。

スタッフも炭火の準備をして待っております。

 

今回は2グループ3家族でのご参加となりました。

ありがとうございます。

 

まずは生地作り。

卵を割って黄身と白身に分けての作業です。

 

卵を割るのも混ぜるのも皆さん上手です(*^_^*)

 

生地ができたら竹をあたためて1層ずつ焼いていきます。

 

何層できるかなー?

 

できあがり〜。

各グループとも大きなバウムクーヘンができました!

 

次回は2月11日(土/祝)に同じく竹バウムクーヘンになります。

この日はココアパウダーを混ぜたバレンタイン風です。

 

 

(石下)

 


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ にほんブログ村

<ご注意>遊歩道では岩の裂け目や、凍結した上に薄雪がかぶって見えなくなっている場所も多いので、散策の際は転倒などしないよう足元に十分お気をつけ下さい。

イベント・お知らせ・報告など | 2017.01.31 Tuesday 11:40 | comments(0) | - |

冬の楽しみ アニマルトラッキング

 

 

大寒も過ぎ、厳冬期に入った県民の森です。

高原山も、山頂部はすっかり雪かぶり。

 

宮川の遊歩道も、雪の下です。

静かに流れる沢に、カワガラスやツグミの声が響きます。

 

昨日、ひさびさに構内のムササビ穴を見に行ってみたら、顔を出口に向けて寝ていました。

眼は半分開いていますが、こっくりこっくりしています(*^_^*)

 

構内には幾つか巣穴が確認されていますが、運が良ければこんなシーンに出会えるかもしれません。

探してみて下さい。

 

ふと、雪の上を見ると、小鳥の足跡が残っていました。

足を交互に出して、チョコチョコと動き回っていたのが分かります。

雪の上に餌でも探していたのかな?

 

一直線に続くキツネの足跡。

左右の足跡の間隔が狭く(内また?)前足と後足も重なるので、ほとんど一本の線の上に並んでいるよう。

 

こちらはハクビシンの前足のものと思われる足跡。

肉球が丸っこくて梅の花みたいなところが、猫の足跡そっくりですが、こちらは5本指。

(ネコ、イヌ、タヌキなどは4本指)

 

こちらはノウサギ。

大きくて長い方が後足ですが、肉球がはっきり残っていますね。

こちらは、前足と後足の間隔が広く、大きく跳躍していたのが判ります。

なにかにおびえて、逃げていたのでしょうか?

 

さて、ここで問題。

どんな風に歩けば、こんな配置に足跡がつくのでしょーか!(゚∀゚)

 

 

 

 

 

答えはこちら!

前足を順番についた後に、後ろ足が横並びに付きます。

 

図解するとこんな感じです。(既出画像)

 


キツネ足跡の写真の主は、ウサギの足跡をたどるように残っていました。

 

こんなふうに実際に姿を見られなくても、動物たちが森で生きている様子を知ることができるのが「アニマルトラッキング」。

「アニマル(動物)+トラッキング(追跡する)」

生活の痕跡(足痕やふん、食べた痕など)を追跡し、動物がどんな行動をしたかを分析する方法です。

 

特に冬は、雪の上に動物たちがいろいろな痕を残しっていって、アニマルトラッキングにはうってつけの季節です。

夜に雪が降って、明け方に晴れた日なんかが良いですよ。

 

冬には冬の楽しみ、森に来てみて下さい。

(遠山)


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ にほんブログ村

<ご注意>遊歩道では岩の裂け目や、凍結した上に薄雪がかぶって見えなくなっている場所も多いので、散策の際は転倒などしないよう足元に十分お気をつけ下さい。

自然情報(動物) | 2017.01.26 Thursday 15:28 | comments(0) | - |

積雪情報【2017.1.16】

寒波到来?につき14日から県民の森でも雪が降っています。

現在は除雪&太陽のおかげで道路も乾いた部分が出てきています。

本日(左)9:00/(右)13:00過ぎ

現在は、風が吹くと雪が舞ったりしております。

 

県民の森構内の大まかな積雪情報をお知らせいたします。

【道路情報/2017.1.16】

森林展示館から56号線(矢板泉方面)へ向かう

林道高原線が通行止めとなっています。

矢板市内へ行かれる場合は、272号線(寺山ダム方面)をご利用ください。

63号線(塩谷方面)へ向かう林道は通行可能です。

除雪で道幅が狭くなっていたり、凍結部分もありますので

ご通行の祭は矢板方面・塩谷方面共にお気をつけください。

 

 

【積雪情報/2017.1.15】

展示館&事務所周辺

約5.5cmの積雪。

 

キャンプ場事務所周辺

こちらは約10cm

展示館周辺より多いですね。

 

植樹祭会場跡地(左)と育樹祭会場跡地(右)

植樹祭跡地は通行止めになっている高原線上にあります。

こちらの2カ所も約10cm

雪原が広がっています。

 

遊歩道でも積雪を確認していますので、

散策をされる方は長靴もしくはスノーシューをご利用の上

足もとに十分にご注意ください。

 

(石下)

 


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ にほんブログ村

 

イベント・お知らせ・報告など | 2017.01.16 Monday 14:39 | comments(0) | - |

このページのトップへ