インタープリターブログ/県民の森(栃木県)

 

森林浴の森

 
この大型連休は、5月らしい穏やかなお天気が続き、気持ちよく森を歩くことができました。 

宮川渓谷遊歩道でも、野鳥の声と滝の音につつまれ、森林浴を楽しまれた方が多いのではないでしょうか。 
傾聴の滝の付近でも、オオルリ、キビタキ、ミソサザイの声がすぐ近くで響いていました。


木漏れ日の中を、遊歩道パトロール〜♪ 

栃木県県民の森は、林野庁等により「森林浴の森日本100選」に選ばれています。
宮川渓谷には小さな滝がいくつかあり、森林展示館から歩いて数分で見に行くことのできるものもあります。


沢に下りて、水の冷たさを楽しんだり。


陽だまりでは、かわいらしいフデリンドウが満開。 


水源の森の、新緑と野鳥の季節は始まったばかり。 
ぜひ、水と風と鳥の声に包まれた、ゆったりとした贅沢な時間をお過ごしください。


(遠山)
- | 2013.05.08 Wednesday 11:49 | comments(0) | - |

シロヤシオ

皆様、ゴールデンウィークはいかがでしたか?
県民の森は、天気に恵まれたのか
連日たくさんの方に来ていただきました。
ありがとうございます。

そんなゴールデンウィークの最中、
植栽ではありますが、シロヤシオが開花致しました。


『シロヤシオ』は、別名『ゴヨウツツジ』といいます。
『ゴヨウ』は漢字だと『五葉』と書きます。

1、2、3、4、5。ちゃんと5枚ありますね。

シロヤシオは展示館周辺で観察できます。
県民の森に来た際は、ぜひご覧ください。

 

(石下)

- | 2013.05.07 Tuesday 10:11 | comments(0) | - |

目に青葉

 
昨日5/5は、二十四節気でいうところの「立夏(りっか)」でした。 

暦の上では、夏となります。
 
 
それにふさわしく、この大型連休は暖かい日が続いたおかげで、宮川渓谷の新緑もすすんでおります。

 
5月の宮川渓谷を代表する、イヌブナの新緑。
森林展示館周辺の標高の川筋では、イヌブナの巨木が多く自生しています。
(標高が高くなると、ブナの巨木林もあります)

 
葉に陽がすけて、緑の光でキラキラ。


イヌブナによく似ていますが、こちらはチドリノキ(カエデ科)。 
花が咲いていました。 
葉が同じ場所から2枚ずつ対になって出ている様子が、鳥のチドリの足跡(千鳥足)に見える、ということで、この名がついたらしいです。 

この、同じ場所から葉や枝が対で出ている、というのは、カエデの仲間全般にみられる特徴。「対生(たいせい)」と呼びます。 
イヌブナは、葉や枝が互い違いに出ている「互生(ごせい)」という特徴を示すので、ここが見分ける簡単なポイントになります。


ヤマツツジも、つぼみがほころびはじめました。 


高原山にツツジ類の咲き誇る季節は、すぐそこまで来ています。 


 (遠山)
- | 2013.05.06 Monday 13:51 | comments(0) | - |

新築?改築?

本日も、県民の森は良い天気です。
先日開花したヤマツツジも、綺麗に咲いています。


さてさて、
展示館のテラスで物件探しをしていたツバメさん。
今日はどんな様子かな・・・・?

お。中古物件を補修している模様。
手直しすれば住めると判断したのかな?

今度は内側からも補修ですね。
座り心地はいかがですかー?
今年はこの場所で決定かな??

ん?
おやおや?

こちらは新築ですか?
一生懸命建ててますね。
うまく泥は付くかな?

2匹で頑張って作るんだぞ〜。


(石下)

【県民の森に野鳥撮影に来られる方へ】
※4月より、県民の森は『県営』から『指定管理』に移行しております。
最近、マナーの守られない方が目立ってきています。
県民の森内には、県道や珍しい植物もあります。
写真撮影以外(ハイキングや子供連れ)で来られる方もいらっしゃいます。
お互いに気持ち良く過ごせるようご協力下さい。

- | 2013.05.05 Sunday 16:18 | comments(0) | - |

里は八十八夜


きのう5/2は八十八夜でした。
立春から数えて八十八日目にあたり、歌にもあるとおり、里で夏の気配を感じられるようになります。

高原山のふもと、矢板市や塩谷町では田に水が入り、田植えがはじまりました。

 
矢板市長井地区の果樹園があつまる通称「りんご団地」では、リンゴ果樹の花が満開です。
つぼみは薄桃色だけど、花が開ききると純白なんですね。

 
寺山ダムより少し標高の低い水田地帯(標高300m弱)では、ヤマツツジも満開。 
展示館付近(標高500m)ではやっと咲き始めたばかりなのに…


ミツバウツギも咲いています。 

二十四節気でいうところの「立夏」は、今年は5/5。 
暦の上ではあと二日で、夏が始まるんですね〜 

ちなみにこの日、寺山ダム付近でモリアオガエルとヤブサメの鳴き声を聞きました。 

標高1000mより上のミツモチ山登山道では、カタクリがまだまだ咲いております。
里山環境から高山地帯まで、気候の違いを観ることができる高原山です。 (遠山)
- | 2013.05.03 Friday 17:36 | comments(0) | - |

このページのトップへ