インタープリターブログ/県民の森(栃木県)

 

カエル合戦

一昨日は曇りでしたが、春らしい暖かい湿った日でした。
展示館下の池のそばでカエルチェックをしていると、道路のむこうにある側溝から「クッ、クッ」という声…

もしや!

わ!やっぱり!
アズマヒキガエルの抱接行動でした。今年の初確認。
オスがメスに抱きつき、産卵受精をする生殖行動。どうやら水辺と間違えて、始めてしまったもよう…
このままここで卵を産んでしまったら、晴れた日に干上がって死んじゃう!


さいわいにして、産卵はまだ始まってないようなので、捕まえてバケツで池まで搬送しました。

ふー、危なかったね。
ごらんのとおり、アズマヒキガエルには指の吸盤がありません。
側溝のようなコンクリート三面張りに落ちてしまうと、はい上がれずそのまま死んでしまう危険性もあります。

ところで、本来はイボイボな肌質のアズマヒキガエルですが、繁殖期のオスはこのようななめらかな黄土色の肌になる個体が多いです。
陶器の置物みたいできれいですよね♪


そしてその昨日、池で集団の産卵行動が始まっておりました!
アズマヒキガエルの産卵行動は、昔から「カエル合戦」と呼ばれていて、たくさんのオスがメスにしがみついて組んずほぐれつをくり広げ、なかなか勇壮なのです。

個体は多くないですが、県民の森でも毎年、森林展示館下の池などで観察できますよ〜


こんどはちゃんと池の中で抱接。

下になっているのがメスで、オスは背中からがっちりと組み付いています。


おや?参加せずにぼんやりしているオスが…
なにキミ、草食男子?


そして今朝いってみたら、ありました!

卵塊です!
アズマヒキガエルの卵塊は、このようにゼラチン質のひも状の袋にはいっています。



胚が行儀良く一列に(笑)

長くて、しかもからみあっているので、正確な卵塊数はわかりませんが、5腹分ぐらいはありました。
成体の姿は、オスが6個体ほど。メスは産卵を終えて、山に帰っていったのでしょう。

また来年会おうね〜♪


(遠山)
- | 2013.04.07 Sunday 18:20 | comments(0) | - |

カタクリが見頃です。

宮川渓谷遊歩道のカタクリが、8分咲きほどになりました。


バーベキュー広場の対岸付近は、このようにほぼ満開状態。

春の陽射しをいっぱいにあびております。


あっちでも。



こっちでも。


なんだか、顔を寄せてナイショ話をしているようで、可愛いですね(笑)


おや、こちらには、小さな訪問客が♪


カタクリは、昆虫に花粉を運んでもらう「虫媒花(ちゅうばいか)」と呼ばれるタイプの植物。
県民の森ではハチやアブの仲間が、運んでくれるようです。

カタクリの花の中央にある赤いW字形の模様は「蜜標」と呼ばれ、虫たちに蜜のある場所を指し示す「交通標識」のようなもの、と云われていますが、さだかではないらしいです。

真相は、カタクリと虫だけが知っている秘密… 


そして、下流側もこんなかんじに花盛り。

ピークは来週末あたりまで続くと思われますが、暖かい日が続くので早まるかもしれません。
今年の春は駆け足ですね。

カタクリはスプリング・エフェメラル。
木々の新緑が始まる頃には、姿を消してしまいます。

みなさま、お早めに!


(遠山)
- | 2013.04.06 Saturday 17:16 | comments(0) | - |

宮川渓谷 春の花いろいろ

ここのところ、案内員は一日とおかず毎日、宮川渓谷の遊歩道をパトロールしております。 

なにを探しているかというと、春の花の開花状況。
カタクリはすでに5分咲きを過ぎ、続けとばかりに他の花もつぎつぎと咲いております♪


3/30キクザキイチゲ開花初認!

ニリンソウなどと同じキンポウゲ科ですが、葉と花が小菊のようなので、この名前。
土から伸びた一本の茎に、一輪ずつ咲きます。


同じく3/30ハルトラノオ開花初認!

小さな小さな、タデ科の草本。
トラノオとは「虎の尾」で、サクラソウ科のオカトラノオと似ているから。


本日、エイザンスミレも開花初認♪

スミレの仲間は日本でも種類が多く、同定(見分け)も難しいのですが、このように葉に深い切れ込みのはいったスミレの仲間は少ないので、エイザンスミレとすぐわかります。


うーむ…これはたぶんヒナスミレ。

葉の裏と茎が、うっすら紫がかっています。 

ちなみにスミレの仲間は、葉や茎の形以外に、花の後方の飛び出た部分=距(きょ)の形や長さが、種類を見分けるときの重要な手がかりとなります。


樹の花も咲きかけています。

クサボケの蕾が早くもふくらんできました♪

ほんとうに、まいにち何かしら新しい変化があるので、うかうかしてられません! 

明日も雨だけど、歩かなきゃ! 


 (遠山)
- | 2013.04.05 Friday 20:50 | comments(0) | - |

花芽発見!

今日は、風が全国的?に強いみたいですね。

県民の森でも、木々がユラユラ揺れています。


展示館の入り口前には大きな桜の木があります。

毎年、きれいな薄ピンクの花を咲かせて、
少し遅めのお花見ができるのですが、
何故か今年は花芽が見当たらない・・・・・・


「鳥に花芽を食べられた!?」
と心配していたのですが!

 

あったーーーーーーー!

枝の先の方に少しではありますが、ありました!
ピンクの花びらが顔を覗かせています!

良かったー(ほっ)

 

アカヤシオの蕾も大きくなってきているので、
どちらが先に県民の森で開花宣言できるか
楽しみです♪


(石下)

- | 2013.04.03 Wednesday 17:44 | comments(0) | - |

春の雨、森の歌♪

三寒四温の言葉のとおり、暖かい日が続いたと思ったら、また肌寒い日が続く高原山です。
それはそれで、お花の時期が長引くのでうれしいのですが

 

3/31展示館周辺は小雨。
展示館前に植えているアカヤシオのつぼみに、春のやわらかい雨が降りかかります。


カタクリも、雨の日は花を閉じてうつむいています。(晴れたらまた開きますよー)


ダンコウバイも満開。

炒り卵のようですね〜()
花期ももう終わりです。

一雨ごとに、春の色が鮮やかになっていくのを感じます。

 

そして新年度の4/1は打って変わって暖かく、宮川渓谷ではミソサザイが大きくリズミカルなさえずりを響かせていました♪
岩の上をあっちにチョロチョロ、こっちにチョロチョロ、巣材の苔を一生懸命あつめています。

動物たちにも春がやってきたのですね〜

 

3/24には、流れのくぼみでヤマアカガエルの卵塊が確認されました。

ぷるぷるの触感〜♪
すでにオタマジャクシのかたちができ始めています。

 

3/30には、展示館近くでウグイスのさえずりが、今期初めて確認されました!

さえずりというのは、鳥たちがふだんとは違った繁殖期に出す鳴き方。メスを誘ったり、なわばりを主張するための鳴き声と云われていて、多くは歌のように複雑な節回しがあったりします。ウグイスの「ホーホケキョ」なんかはよく知られていますね。

ちなみにふだんの鳴き方は「地無き」と呼び、ウグイスなんかは「ジッ、チッ」という地味なもの…

さて、お次は誰が初鳴きを聞かせてくれるのかな?♪

(遠山)

- | 2013.04.02 Tuesday 15:47 | comments(0) | - |

このページのトップへ