インタープリターブログ/県民の森(栃木県)

 

ムササビ顔出し〜♪ +イベントのご案内

昨日は、一日、シトシト雨でした。



「こんな日は、ムササビが巣穴から顔を出しているだろうな…」
と、思ったら。




本当に顔を出していました!
(写真:日光市S様のご提供)

散策にいらしたお客様が、写真を撮られていました。
かーわいい♪

県民の森構内には、現在、数個の使用中の巣穴が確認されています。
小雪や小雨の日は、なんでかこうやって昼間から顔出してたりするんですよね。

いやー、ラッキーな日でした(*^_^*)
(遠山)


***********************************
  【平成28年度<森の集い>参加募集中!】

●4/9(土)「早春の尚仁沢を歩こう!」9:15〜12:30
<場所>尚仁沢湧水地遊歩道(栃木県塩谷町上寺島)

芽吹きの森を抜けて、目指すは大地の力あふれる湧水群へ!
地質と木々の芽吹きを中心に自然観察しながらハイキング♪

●4/13(水)「好きです!春の花」9:30〜12:00
<場所>県民の森・森林展示館、宮川遊歩道(予定)

早春の宮川渓谷を、早春の花々たちを
じっくり楽しみながらの、自然観察会です。

<上記2件の共通事項>
参加:無料 要予約
   お電話にて、管理事務所にお申し込みください
その他:荒天中止(小雨・小雪程度の場合は開催します)
***********************************
***県民の森ブログはランキングに参加しています。
  楽しんで頂けたなら、ぜひ下のボタンをポチッと押してください♪
 にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村  
 にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ にほんブログ村
自然情報(動物) | 2016.03.15 Tuesday 15:51 | comments(0) | - |

ミソサザイ初鳴き!


今日は暖かく、山の空気もぼうっとかすんでいます。

ポカポカした陽気に、外を巡回していたら、いろいろな生きものに出会いました。




ミツバチの仲間(またはそれに擬態したハナアブの仲間)が、フキノトウの咲いた花に来ていました!
花に来る翅のついた昆虫は、案内人2号にとっては今季の初認です(*^_^*)

明日は二十四節気の「啓蟄(けいちつ)」。
小さな動物たちが冬ごもりから覚めて動き出す時季、という意味の日ですが、まさにピタリと大当たりですね〜



ツノハシバミのつぼみも膨らんできました。
細長い葉巻のようなのは雄花、真っ赤な芽は雌花です。

咲くと赤いイソギンチャクのような雌花、開花が楽しみです!




足もとの地面ではコナラの実生が、真っ赤な子葉をぐぐっともたげ始めていました。


フクジュソウも、花をいっぱいに広げて陽を集めています。



少し曇ると、花をすぼめます。

このパラボナアンテナ型の花の中心部は、なんと外気と5〜6度は違うそうで、暖かさを提供することで花粉を運んでくれる虫たちを呼び込むのだろうと言われています。


そして本日、宮川でミソサザイのさえずりを初確認です!
チチチチルルルルチュリリリ…と力強い声が、谷中に響いていました。
インタープリターにとっては、夏鳥のシーズンを告げる声です。

春が怒涛のようにやってきます。

(遠山)


***県民の森ブログはランキングに参加しています。
  楽しんで頂けたなら、ぜひ下のボタンをポチッと押してください♪
 にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村  
 にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ にほんブログ村
自然情報(動物) | 2016.03.04 Friday 14:50 | comments(0) | - |

動物たちの息づかい

暖かい日が続きますね。
ふもとでは、紅梅が綺麗に咲いています。

水も大気も、日々ぬるんでいくのが感じられます。



沢からカワガラスのジッジッという声が盛んに聞こえます。
流れの中に立っていても、冷たさで足が痛くなるまで時間がかかるようになりました。
まもなく冬の終わりです。

冬は、獣たちの残した生活の痕を見つけやすいので、暖かい日は外を歩くに限ります。



アスファルトにバラバラとコナラの小枝…
こちらのブログでもたびたびご紹介していますが、ムササビの食痕です。

こちらは糞。


直径5个曚鼻
ほぼ球体の、コロッとしたウンチです。




刃物のような鋭利な前歯で、スパッと噛み切った切口。

こうやって手に持ちやすいサイズに噛み切って、手に持ってムシャムシャ・ポイしたあとが、わんさかと食事した樹の下に落ちています。
春ならば
ブナの花、若葉、秋は青いドングリなどと、季節によって変わりますが、今は冬芽を食べる季節。


ちなみに↑は保護個体のお食事の様子。

よく見ると、どの枝も冬芽は数個食べただけで捨てられています。
そういえば
ドングリの食痕も、一口齧ってポイでしたね。

どうしてこんなモッタナイ食べ方をするのか気になったので、救護個体をじっくり観察してみましたら、「捨てる」というより「ウッカリ取り落とす」といった感じの動きでした。
樹木の葉が主食なので、いくらでもあるから執着しないのかもしれないな、とか考えてみましたが、真相はいかに…?



さてさて、お次は獣の物らしき糞をはっけん!

太さ1僂曚匹両さな細長い糞です。
場所と形状から、テンかイタチでしょうか?



で、よーく見ると、長い柔らかそうな獣の毛が入っていました!
最初、シカかな?とも思いましたが、ずっと細くしなやかです。



さらに、崩してみると骨片がたくさん出てきました!

なにか手足の関節部分でしょうか?
案内人の指の爪(幅1僉砲犯罎戮討澆討癲⊂さいのが解ります。

毛足の長さ、骨の小ささからすると、食べられたのはリスかムササビの赤ちゃんサイズでしょうか。
なにがあったのか想像するとドキドキしますね〜

(遠山)

***県民の森ブログはランキングに参加しています。
  楽しんで頂けたなら、ぜひ下のボタンをポチッと押してください♪
 にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村  
 にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ にほんブログ村
自然情報(動物) | 2016.02.29 Monday 16:10 | comments(0) | - |

【県森 野鳥・動物情報】冬鳥きてます

明日は二十四節気の「雨水(うすい)」。
雪が雨に移り始める時節ということです。

まだまだ冷え込む日もありますが、厳冬期も過ぎようとしている県民の森です。



ヤマノイモの実が、風にカサカサと揺れています。

さてさて、ここ最近の野鳥情報です。

***********************************
【周辺の野鳥情報】
ヤマガラ、シジュウカラ、コガラ、エナガ、コゲラ、アカゲラ、マヒワ、アトリ、イカル、カワラヒワ、ツグミ、メジロ、ホオジロ類、カケス、ルリビタキ、ジョウビタキ、キクイタダキ、ベニマシコ、ミヤマホオジロ、ウソ、シロハラなどなど

道路を歩けば、ヤマドリの糞も落ちています。
オオアカゲラも宮川上流でチョコチョコしているようだし、アトリもここ1週間ほどは、100羽以上の群れが周辺で観られます(๑´ㅂ`๑)

特にイカルは、群れで展示館・管理事務所の周りを動き回っています。
エサを採るため、雪の解けた地面に集まるので、観察しやすいですよ〜

***********************************



宮川で、管理事務所スタッフのKちゃんが、ジョウビタキの可愛い姿を撮ってきてくれました!
冬は雪で採餌場所が狭くなる分、鳥たちとの距離が縮まりますね♪


遊歩道を歩いても、獣たちの残した跡があちこちに…


シカの糞はっけん!(お食事中の皆様、ごめんなさい…)

コロコロとした黒い俵型の糞が、たくさん落ちています。



こちらはノウサギの糞。
シカより大きめで、丸いお饅頭型です。

細かくなった食物繊維で出来ているのが、外見でもわかりますね(*^_^*)



おっと、こちらはオシッコ!(*_*)
繁殖期に入ると、赤い尿をすると云われています。

立ち止まってふんばった様子が、足跡に出ていますね(笑)


そして、雪の季節によく見かけるもの。


巡回の帰りに、草地でシカの20頭ほどの群れに遭遇!
飛ぶように斜面を跳ね降りてきました。


冬はもう折り返しを過ぎたよ。
みんな春までがんばれー

(遠山)



 にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村  
 にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ にほんブログ村 
自然情報(動物) | 2016.02.18 Thursday 16:03 | comments(0) | - |

冬の楽しみ♪アニマルトラッキング



本日は二十四節気でいうところの「大寒(だいかん)」。
暦の上では、一年で一番寒い日ということです。厳冬期がやってまいりました。

今回の大雪では、まったく積雪の無かった森林展示館周辺にも、もっさりと降り積もりました。
(案内人2号はちょうどお休みだったので雪かきをすることもなく…出勤スタッフありがとう!)



創造の滝も、なかなかに素敵な様相になりました(*^_^*)


ひゃっほー♪
遊歩道に足跡つけるの、一番乗り!



…と思ったら、すでに先客が。
左はノウサギ、右はキツネ(か内股のイヌ)かと思われます。

そう!アニマルトラッキングの楽しい季節がやってきましたよ〜
「anima(動物)tracking(追跡する)」という意味で、足跡や食べ痕など生きものが残す生活の痕跡=「フィールドサイン」を探し、それを分析して生き物たちの生活を探る、という調査法です。



これはノウサギの典型的な跳ねていった足跡。
さーて問題です、どちらが進行方向でしょうか!

答えは、
こちらの過去の投稿記事にて。



こちらは、急に方向転換したように見られるあと。
ノウサギは「止め脚」といって、同じ足跡を踏みなおしてバックしたり、急な方向転換をして進んだりしてごまかすような足跡を残します。キツネなどの捕食者をまくため、と云われています。

この足跡のわきにも、ずっと追跡していったようなキツネの足跡がありました。



これはイノシシかな?
ぐちゃぐちゃに踏み荒らしています。

イノシシとシカは、2本指が目だつとても似た足跡をしていますが、ちょっとした見分け方があります。



オレンジ色の2本の蹄の先が、シカよりとがっていて開いていること。
水色の副蹄(ふくてい)がハッキリついていること、など。
シカは副蹄がイノシシより高い位置にあるので、こんな浅い雪では痕に残らないことが多いのです。



これはイヌかな?

よく似たキツネの足跡は、左右の間隔があまりなく進行方向に一直線に並ぶことが多いのですが、これは左右に幅が開いていますね。



今回、図らずもクスッと笑ってしまったのが、こちらのアオサギと思われる足跡。
森林展示館の池の結氷した水面を歩いているのですが、いつも小魚が集まっている真ん中の流木の回りを歩き回っています。

「あれ?水の中が見えないよ?魚はどこ?」とウロウロ探したのかもしれません。

こんなふうに、夜中にさらっと雪が降った朝には、生きものたちの行動がさらに解りやすく残っています。
県民の森では、これらの動物以外にも、テンやネズミ類、リス、シカなどの足跡が見られます。

冬の森の楽しみ・アニマルトラッキング、ぜひ体験しにおいでください。

(遠山)

 
 
自然情報(動物) | 2016.01.21 Thursday 16:38 | comments(0) | - |

もうすぐ夏休み!




暑い日が続いています。

熱中症の注意が必要な季節になりましたね。
野外活動だけでなく屋内でも発症しますので、日陰でも油断せずに、水分補給と体温調整を心がけください。



さてさて、宮川渓谷遊歩道は今日も涼しげです。

清涼感を誘う沢音、まぶしい木漏れ日、野鳥の声…
まさに散策日和ですね♪



こちらは流れの中を撮ったもの。
冷たくて気持ちよさそう・*:.。. .。.:*・゜゚・☆



そんななか、生きものを観察にきたという親子さん連れが。
(*撮影の承諾はご本人より得ています)



ちょうどオオルリのオスが近くで鳴いていたので、スコープで観察してもらいました(*^_^*)
きれいな瑠璃色が見えたかな?



展示館下の池でも観察。
何を見ているの?



脚の生えた、大きなオタマジャクシでした!
アカガエル類のようですが、誰でしょう?

この池には、ヤマアカガエル、ツチガエル、モリアオガエル、シュレーゲルアオガエル、トウキョウダルマガエルなどがやってきますが、おそらく先頭2種のどちらでしょうか。


ところで、ここでクイズ。


この画像の中には、何匹のツチガエルが写っているでしょう〜


なんと6匹もいます!
 
ここのところ、日差しの強い日には、池の底にこんな感じでツチガエルがじっとしています。
(たまに呼吸に浮かんでくるだけ)
池の底は涼しいのかな?


このほか野鳥に昆虫など、森林展示館周辺や遊歩道では、子供さんも楽しめる生き物観察ができるところが多くあります。
夏休みの自由研究などにも、ぜひご利用ください(*^-^*)


(遠山)


 
自然情報(動物) | 2015.07.14 Tuesday 15:45 | comments(0) | - |

今年のモリアオ・アズマヒキガエル



気づけば梅雨も終盤。

いつの間にか、森林展示館の池のカエルたちも、シーズンが進んでいました。



モリアオガエルも産卵シーズンがほぼ終盤です。

春には池を賑わしていたアズマヒキガエルも、6/3に小さな成体が上陸。




5/22アズマヒキガエルのオタマ達に足が出てきて。


6/3気づいたら上陸しはじめていました。


アズマヒキガエルの上陸したては、ほんとうに小さいです。
あの大きな親になるとは信じられません。

それでもちゃんと、指や眼があるのが可愛いですね〜(*^_^*)



大きくなって、また戻っておいで!



一方、モリアオガエルですが、7/10現在、成体の姿はあまり見かけることもなく、たまに1〜2匹の声がする程度。


今年は、卵塊の数も見かける成体の数も、ここ5〜6年の傾向より少なめな感じでした。
こうやって案内人2号につかまってしまうという、憂き目にあう個体もあまりなく…



今は、泡状の卵塊からポトリポトリと、オタマジャクシが落ちはじめています。
近くで観察できますので、ぜひ見にきてください〜

***********************************

<笹飾り展示のお知らせ>

今年も展示館では、七夕の笹を飾っています。
短冊を飾りたい方には、今月下旬まで窓口で配布していますので、お気軽にお声かけください〜♪


(遠山)
自然情報(動物) | 2015.07.11 Saturday 15:51 | comments(0) | - |

【県森 野鳥・動物情報】サンコウチョウとモリアオガエル


毎日、暑いですね!
県民の森でも、ここ数日、すばらしく良いお天気が続いています。

さてさて、生き物はというと、野鳥はサンコウチョウ、ホトトギス、カッコウも鳴き始め、カエルもモリアオガエルの卵が姿を現し始めました!
サンコウチョウは、宮川でよく鳴いています。


ここ数日の野鳥情報です。
***********************************

【野鳥情報】

4/26 ツツドリ 初鳴き(周辺)
5/14 ホトトギス 初鳴き(寺山ダム周辺)
5/17 サンコウチョウ声 来館者情報あり(周辺)
    ジュウイチ 初認(キャンプ場上流側)
5/21 カッコウ 初鳴き(周辺)
5/26 サンコウチョウ よく鳴く(宮川)

【その他 動物情報】

5/9  モリアオガエル卵塊1 初認(展示館の池)
5/10 ギンヤンマsp.羽化 初認(展示館の池)
5/13 エゾハルゼミ抜け殻、鳴き声 初認(ミツモチ登山道)
5/16 モリアオガエル産卵行動 日中に盛ん(展示館の池)
5/17 タゴガエル鳴声 初認(体験の森)
***********************************


こちらが、5/10 ギンヤンマsp.さんの羽化のご様子です。
なんてきれいな萌黄色!

羽化したては、まだ羽根が黄緑色なんですね〜
写っていませんが、腰のあたりがほんのり青みがかっていました。

 

アズマヒキガエルのオタマジャクシも、元気に泳いでいます。


5/22によく見ると、後脚がでていました!上陸ももうすぐですね〜
今年は、群れのいる場所が一か所でなく、池全体に広がっているので、上陸の時が心配です…(お散歩のヒトに踏まれないか)



展示館の池には、なんでかトウキョウダルマガエルもいます。
年々、見かける個体数が増えているような…


さてさて、モリアオガエルの季節が、今年もやってきました!
卵塊の初認は5/9。やっぱり早いー!
これも、例年より2週間ほど早めですかね。



卵の数を数えようと、池でごそごそしていましたら、やぶがモソモソ動いています。


もしや!


チラリ。


あ、やっぱり(^_^;)
日中から産卵行動です。




あちらこちらで、お休みする姿も…

ピーク時にはよく見られるのですが、このとき5/16。

ちょっと早すぎやしませんか?

ともあれ、季節は二十四節気の「小満(しょうまん)」を過ぎたところ。
夏近し、です。


(遠山)
 にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ にほんブログ村 
自然情報(動物) | 2015.05.26 Tuesday 17:11 | comments(0) | - |

【県森 野鳥情報】宮川は新緑と夏鳥の季節です


新緑と夏鳥のシーズンに本格的に入りました!
連休初日の今日も、野鳥観察のお客さまで宮川は大賑わいでした〜

ここ数日の野鳥情報です。

***********************************
【野鳥情報】
4/28 コサメビタキ抱卵中(周辺)
4/28 ウグイス 展示館の植え込みでよく鳴く(展示館周辺)
4/28 アオゲラの繁殖期の声よく聞こえる(周辺)
4/29 キバシリ姿初認(宮川)

なお、本日時点でよく観察できる野鳥は、
ウグイス、オオルリ、キビタキ、クロツグミ、センダイムシクイ、カワガラス、コサメビタキ、メジロ、ホオジロ、ヤブサメなどなど…
今年は特に、ヤブサメの鳴声が各所で聞こえ、オオルリの個体数も多めでどこにいても聞こえる感じです。

(営巣場所については公開しておりませんので、あしからずご了承ください)
***********************************

さて、ふもとの矢板市長井地区では、田に水が入りました。連休中が田植えかな?



長井のリンゴ園でも花が満開です♪


さて、県民の森はといえば…


宮川も新緑真っ盛りです。


トウゴクミツバツツジも、ますます最盛。


傾聴の滝も、素敵な風情に。


緑のトンネルの中を、オオルリの歌声が抜けてゆきます。


足元にはツルキンバイの花盛り。


この連休は、新緑にツツジに夏鳥と、宮川は一年で一番美しい季節を迎えています。
ぜひお越しください♪

※森林展示館窓口(入館無料)では、構内遊歩道の案内図をお配りしています。
お気軽にお声かけくださいませ。


(遠山)
自然情報(動物) | 2015.04.29 Wednesday 16:51 | comments(0) | - |

菫の季節

スミレ
里の田には水が入って、
青空に鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいます。
 
展示館前では遅咲きのスミレたちが咲きはじめました。

もう1週間もすると立夏。
ついこの間まで春を待ち焦がれていたと思ったら、
いつの間にか季節は初夏に向かって動いていたのですね。

いつもは見て見ぬふりをしていたスミレなのですが、
今シーズンはスミレ類を見かけるたびに座り込んで
頭を抱えながら観察してました。

すでに見逃してしまったり、判断がつかなかったものもたくさんあるのですが、
今回、県民の森構内で現時点で確認できたものだけご紹介したいと思います。


【コスミレ】

コスミレ
3月上旬、もっとも早い時期に咲きはじめました。
コスミレとは云うものの、花の大きさは決して小さくはないです。


【タチツボスミレ】

タチツボスミレ
タチツボスミレは県民の森でももっとも普通に見かけるスミレ。
よく見ると淡紫色の花は上品で美しい。

タチツボスミレ
早春から初夏にかけて、いたるところで見かけます。


【エイザンスミレ】

エイザンスミレ
大ぶりでやさしい色合いの花を咲かせるエイザンスミレ。
県民の森で葉が切れ込んでいるスミレはこの種だけ。
今季は宮川渓谷沿いで多く見られました。


【シハイスミレ】

シハイスミレ
シハイスミレも多く見られます。
「紫背菫」と書くように葉裏が紫色であるのが特徴のひとつ。

シハイスミレ
少し小ぶりな花で、咲きはじめの花は濃いピンクが目を引きます。


【マルバスミレ】

マルバスミレ
純白で丸みのある花と丸い葉がかわいいマルバスミレも時おり見かけました。


【ヒメスミレ】

ヒメスミレ
濃紫色の花が印象深い小さなスミレ。


【ヒナスミレ】

ヒナスミレ
ヒナスミレはとても柔らかく優しい色合いの花。
私が今季見た中では一番お気に入りのスミレです。


【アケボノスミレ】

アケボノスミレ
アケボノスミレは開花してから葉を展開する姿が面白い。
この写真はずいぶん展開が進んだ時期のものです。


【フモトスミレ】

フモトスミレ
とても小さな白い花が可憐です。


【アリアケスミレ】

アリアケスミレ
白花に紫条が印象的なアリアケスミレ。

アリアケスミレ
4月中旬頃から咲きはじめ、
あっという間にお花畑になった光景は見ごたえがあります。


【スミレ】

スミレ
そして、スミレも咲き出しました。
やっぱりこの紫は美しい。


【ニョイスミレ】

ニョイスミレ
小さなニョイスミレもスミレと同所で咲いてます。
展示館前はまさに今、紫と白の競演中です。(トップの写真参照)

(アクツ)
自然情報(動物) | 2015.04.26 Sunday 16:36 | comments(0) | - |

このページのトップへ