インタープリターブログ/県民の森(栃木県)

 

カタクリが見頃です。

宮川渓谷遊歩道のカタクリが、8分咲きほどになりました。


バーベキュー広場の対岸付近は、このようにほぼ満開状態。

春の陽射しをいっぱいにあびております。


あっちでも。



こっちでも。


なんだか、顔を寄せてナイショ話をしているようで、可愛いですね(笑)


おや、こちらには、小さな訪問客が♪


カタクリは、昆虫に花粉を運んでもらう「虫媒花(ちゅうばいか)」と呼ばれるタイプの植物。
県民の森ではハチやアブの仲間が、運んでくれるようです。

カタクリの花の中央にある赤いW字形の模様は「蜜標」と呼ばれ、虫たちに蜜のある場所を指し示す「交通標識」のようなもの、と云われていますが、さだかではないらしいです。

真相は、カタクリと虫だけが知っている秘密… 


そして、下流側もこんなかんじに花盛り。

ピークは来週末あたりまで続くと思われますが、暖かい日が続くので早まるかもしれません。
今年の春は駆け足ですね。

カタクリはスプリング・エフェメラル。
木々の新緑が始まる頃には、姿を消してしまいます。

みなさま、お早めに!


(遠山)
- | 2013.04.06 Saturday 17:16 | comments(0) | - |
コメント
コメントする








   

このページのトップへ