インタープリターブログ/県民の森(栃木県)

 

紅葉情報【ミツモチ山】

すっかり秋らしく日中は過ごしやすく、朝晩は冷え込む日が出てきましたね。

そんな朝晩と日中との寒暖差があるとおこってくるものと言えば、紅葉!

 

けんもりの紅葉の現在の状況をお伝えいたします。(11/2調べ)

森林展示館周辺や宮川渓谷沿いの紅葉はまだ部分的に始まったばかり。

緑がまだ多く感じられます。

見ごろは第3週目あたりになりそうです。

 

 

 

 

 

現在、見ごろになってきている場所はミツモチ山。

ミツモチ山の西ルートのブナ林入り口はまだ緑が多く感じられます。

 

 

徐々に登っていくと1000m付近周辺が見ごろを迎えています。

 

天気が良ければ、ブナ林の中はとても気持ちよく歩けますよ。

ブナやカエデ類、カシ類の紅葉がきれいです。

ツツジは条件がよく紅葉しているものもありますが、

尾根沿いは焼けたような葉の個体も多いように感じられます。(台風のせい?)

 

 

 

 

標高を上げ、県民の森最高峰のミツモチ山頂。

台風の風で葉が飛ばされてしまったか、

ウリハダカエデのみ残っているだけで紅葉はほぼ冬のような状態でした。

八方ヶ原の大間々周辺も同じように葉が飛ばされてしまったようで紅葉は終わってしまったようです。

ミツモチ登山をされる方は、今月中旬までは山の標高が低い場所で紅葉が楽しめと思います。

 

 

 

 

※登山される方へ※

育樹祭会場跡地からミツモチ登山(西ルート)道入り口までの林道では台風の影響で洗堀がありますが、歩行には問題なく通行できます。足元に注意してご通行ください。

 

自然情報(植物) | 2019.11.04 Monday 14:02 | comments(0) | - |
コメント
コメントする








   

このページのトップへ