インタープリターブログ/県民の森(栃木県)

 

ミツモチ山

昨日、登山道の巡視をかねてミツモチ山を登ってきましたので、
花や積雪などの状況などのご報告をいたします。

西ルートで植林地を抜けると、ブナが新葉と花をつけていました。

花付きはよさそうなので、
秋にはまあまあ実をつけてくれそうな気配です。

ちょうどアカヤシオが咲きはじめています。

GW頃が見頃になるかと思われます。

頂上まで点在するカタクリは花を咲かせています。

ときおりフモトスミレや、

シハイスミレが目を楽しませてくれます。

頂上手前に残雪がありました。
登山道はところどころ多少残るくらいで、歩く支障になるほどの雪はありません。

頂上を回って、東ルートから下山。
天気がいい日に見晴らしのいいこのルートを歩くのは最高です。

カタクリとキクザキイチゲの競演。
道の両側のススキやササの中に。
優美なエイザンスミレや、
透明感のあるタチツボスミレを眺めながら徐々に降りてきます。

トチノキ園周辺ではツルキンバイが、

体験の森ではミツバツチグリが咲きそろってきました。

ミツモチ山はこれからどんどんいい時期になっていきますよ。

 

(アクツ)

自然情報(植物) | 2017.04.26 Wednesday 16:00 | comments(0) | - |
コメント
コメントする








   

このページのトップへ