インタープリターブログ/県民の森(栃木県)

 

冬の楽しみ アニマルトラッキング

 

 

大寒も過ぎ、厳冬期に入った県民の森です。

高原山も、山頂部はすっかり雪かぶり。

 

宮川の遊歩道も、雪の下です。

静かに流れる沢に、カワガラスやツグミの声が響きます。

 

昨日、ひさびさに構内のムササビ穴を見に行ってみたら、顔を出口に向けて寝ていました。

眼は半分開いていますが、こっくりこっくりしています(*^_^*)

 

構内には幾つか巣穴が確認されていますが、運が良ければこんなシーンに出会えるかもしれません。

探してみて下さい。

 

ふと、雪の上を見ると、小鳥の足跡が残っていました。

足を交互に出して、チョコチョコと動き回っていたのが分かります。

雪の上に餌でも探していたのかな?

 

一直線に続くキツネの足跡。

左右の足跡の間隔が狭く(内また?)前足と後足も重なるので、ほとんど一本の線の上に並んでいるよう。

 

こちらはハクビシンの前足のものと思われる足跡。

肉球が丸っこくて梅の花みたいなところが、猫の足跡そっくりですが、こちらは5本指。

(ネコ、イヌ、タヌキなどは4本指)

 

こちらはノウサギ。

大きくて長い方が後足ですが、肉球がはっきり残っていますね。

こちらは、前足と後足の間隔が広く、大きく跳躍していたのが判ります。

なにかにおびえて、逃げていたのでしょうか?

 

さて、ここで問題。

どんな風に歩けば、こんな配置に足跡がつくのでしょーか!(゚∀゚)

 

 

 

 

 

答えはこちら!

前足を順番についた後に、後ろ足が横並びに付きます。

 

図解するとこんな感じです。(既出画像)

 


キツネ足跡の写真の主は、ウサギの足跡をたどるように残っていました。

 

こんなふうに実際に姿を見られなくても、動物たちが森で生きている様子を知ることができるのが「アニマルトラッキング」。

「アニマル(動物)+トラッキング(追跡する)」

生活の痕跡(足痕やふん、食べた痕など)を追跡し、動物がどんな行動をしたかを分析する方法です。

 

特に冬は、雪の上に動物たちがいろいろな痕を残しっていって、アニマルトラッキングにはうってつけの季節です。

夜に雪が降って、明け方に晴れた日なんかが良いですよ。

 

冬には冬の楽しみ、森に来てみて下さい。

(遠山)


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ にほんブログ村

<ご注意>遊歩道では岩の裂け目や、凍結した上に薄雪がかぶって見えなくなっている場所も多いので、散策の際は転倒などしないよう足元に十分お気をつけ下さい。

自然情報(動物) | 2017.01.26 Thursday 15:28 | comments(0) | - |
コメント
コメントする








   

このページのトップへ