インタープリターブログ/県民の森(栃木県)

 

大暑の草原で

一昨日に大暑を迎え、

夏もピークに向かっているはずなのですが、
関東は晴れ間が続かず、いまだ梅雨が明けませんね。
今日の午前中も晴れてはいても気温は上がらず、
日陰に入ると涼しすぎるくらいに感じました。
ヒグラシの声を聞きながら体験の森周辺を廻ってみました。

 

ゲンノショウコの花が咲いてました。
こちらはコバルトブルーの葯が落ちて、
雌しべの柱頭が5裂している雌性期の花。
やがて5粒の種を実らせて、
次々に弾き飛ばすのでしょう。

 

夏の花を探して見まわしていると、
オオチャバネセセリと目が合いました!

真夏の花たちはつぼみのものが多かったので、

また後日、まとめてご紹介ということにいたしまして、
撮影に付き合ってくれた蝶たちを少しご紹介します。

 

こちらはヒメキマダラセセリの♂でしょうか。

三角形のフォルムのセセリチョウの仲間は、
弾丸のように直線に飛ぶのがかっこいい。

 

白いシジミチョウは、

尾状突起のあるツバメシジミ♀。

 

ムラサキツメクサで吸蜜するのは、

ツマグロヒョウモン♀。

よく見ると紫系の色が入っていて美しい。

 

林道ではミヤマカラスアゲハが

キラキラ光りながら飛んでいました。

 

レンゲショウマもまもなく咲きはじめると思います。

 

県森の夏は、今年もにぎやかになりそうですよ!

 

(アクツ)


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ にほんブログ村

自然情報(昆虫) | 2016.07.24 Sunday 15:45 | comments(0) | - |
関連する記事
コメント
コメントする








   

このページのトップへ