インタープリターブログ/県民の森(栃木県)

 

けんもりスミレ図鑑 [14] ニョイスミレ

ニョイスミレ
[Viola verecunda var. verecunda]


(20160506)

5月になると目立ってくる小型の小さなスミレ。
高山種以外では最も遅咲きなスミレのひとつ。



花柱の上部はやや左右に張り出す。
スミレ等のカマキリの頭形とは微妙に異なる。



距は短く、丸い。



葉は心形で基部は湾入する。
ブーメラン状に深く湾入するものは品種アギスミレという。



葉裏は通常緑色だが、紫色を帯びるものもある。

また、地上茎があることもニョイスミレ類の大きな特徴である。


-----
ムラサキコマノツメ
[Viola verecunda f. violascens]



花弁全体が淡紅紫色となるニョイスミレの品種。


(アクツ)

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ にほんブログ村
スミレ図鑑 | 2016.05.16 Monday 15:53 | comments(0) | - |
コメント
コメントする








   

このページのトップへ