インタープリターブログ/県民の森(栃木県)

 

けんもりスミレ図鑑 [8] マルバスミレ

マルバスミレ
[Viola keiskei]



(20160423)

今、宮川渓谷沿いなどで多く見られる白いスミレです。
葉が丸っぽくて、全体に毛が多いことが特徴。

--

丸みのある純白の花弁は、
わずかにピンクを帯びることもある。



側弁基部は普通無毛。
写真のようにまばらに毛があることもある。(品種ヒゲケマルバスミレ)
柱頭はカマキリの頭形。



花柄や萼片は粗い毛が生えることが多い。



葉は卵型で基部は心形。
粗い毛が目立つ。



葉裏は淡緑色。

全体に粗毛があることが多いが、
まれに無毛のものもある。(品種ケナシマルバスミレ)



崩落した土手の、土が見えるようなところに多く、
雨がはねて泥だらけのものをよく見かける。

アオイスミレも丸い葉だが、花の時期や色が違う。
アオイスミレが終わる頃にマルバスミレが咲きはじめる。

---


(20150411)


(20150416)



(20150413)


(アクツ)

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ にほんブログ村
スミレ図鑑 | 2016.04.26 Tuesday 14:49 | comments(0) | - |
コメント
コメントする








   

このページのトップへ