インタープリターブログ/県民の森(栃木県)

 

けんもりスミレ図鑑 [7] シハイスミレ

シハイスミレ
[Viola violacea var.violacea]


(20160410)

春本番を迎え、県民の森ではいよいよシハイスミレが目立ってきました。

宮川渓谷からミツモチ中腹まで広い範囲で多く見られ、
県民の森を代表するスミレのひとつと言えます。

---
花は紅紫色で、色の濃淡には幅がある。



柱頭はカマキリの頭形。
側弁基部は基本的に無毛。



距は細くて長め。



葉は長めのハート形。

シハイスミレは「紫背菫」で、
葉裏が紫色を帯びることが大きな特徴であり、
その名の由来になっている。

ほかに、ヒナスミレやフモトスミレなども葉裏が紫色となるが、
花の色や形などから見分けることは難しくない。



上弁はしばしば後方に反り返る。



花の色が薄いもの。


(20150404)

-----

【マキノスミレ】変種
[Viola violacea var.makinoi]


(20150412 宇都宮市)

シハイスミレの変種にマキノスミレがあります。
県民の森では確認されていませんが、
混乱しやすいので参考に掲載します。

---

シハイスミレに比べると葉の形は長細く、
垂直に立ちあがって花より高くなる。
裏面の紫色は淡く、
シハイスミレのように一面濃紫色になることはない。




花の色はシハイスミレより濃くなる傾向がある。

-----

※スミレはそれぞれ個体差があり、
変種や品種、雑種も多く存在するので、
一株だけでの判断が難しい場合が多々あります。

※必要に応じて情報の追加修正や、
より特徴が分かる写真に差し替えていきます。
-----

2016年4月18日現在、
宮川渓谷周辺では以下のスミレを確認。
タチツボスミレ、シハイスミレ、エイザンスミレ、アケボノスミレ、マルバスミレ、ヒメスミレ、アリアケスミレ、ニョイスミレ、フモトスミレ、スミレ


(アクツ)

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ にほんブログ村
スミレ図鑑 | 2016.04.18 Monday 14:10 | comments(0) | - |
コメント
コメントする








   

このページのトップへ