インタープリターブログ/県民の森(栃木県)

 

動物たちの息づかい

暖かい日が続きますね。
ふもとでは、紅梅が綺麗に咲いています。

水も大気も、日々ぬるんでいくのが感じられます。



沢からカワガラスのジッジッという声が盛んに聞こえます。
流れの中に立っていても、冷たさで足が痛くなるまで時間がかかるようになりました。
まもなく冬の終わりです。

冬は、獣たちの残した生活の痕を見つけやすいので、暖かい日は外を歩くに限ります。



アスファルトにバラバラとコナラの小枝…
こちらのブログでもたびたびご紹介していますが、ムササビの食痕です。

こちらは糞。


直径5个曚鼻
ほぼ球体の、コロッとしたウンチです。




刃物のような鋭利な前歯で、スパッと噛み切った切口。

こうやって手に持ちやすいサイズに噛み切って、手に持ってムシャムシャ・ポイしたあとが、わんさかと食事した樹の下に落ちています。
春ならば
ブナの花、若葉、秋は青いドングリなどと、季節によって変わりますが、今は冬芽を食べる季節。


ちなみに↑は保護個体のお食事の様子。

よく見ると、どの枝も冬芽は数個食べただけで捨てられています。
そういえば
ドングリの食痕も、一口齧ってポイでしたね。

どうしてこんなモッタナイ食べ方をするのか気になったので、救護個体をじっくり観察してみましたら、「捨てる」というより「ウッカリ取り落とす」といった感じの動きでした。
樹木の葉が主食なので、いくらでもあるから執着しないのかもしれないな、とか考えてみましたが、真相はいかに…?



さてさて、お次は獣の物らしき糞をはっけん!

太さ1僂曚匹両さな細長い糞です。
場所と形状から、テンかイタチでしょうか?



で、よーく見ると、長い柔らかそうな獣の毛が入っていました!
最初、シカかな?とも思いましたが、ずっと細くしなやかです。



さらに、崩してみると骨片がたくさん出てきました!

なにか手足の関節部分でしょうか?
案内人の指の爪(幅1僉砲犯罎戮討澆討癲⊂さいのが解ります。

毛足の長さ、骨の小ささからすると、食べられたのはリスかムササビの赤ちゃんサイズでしょうか。
なにがあったのか想像するとドキドキしますね〜

(遠山)

***県民の森ブログはランキングに参加しています。
  楽しんで頂けたなら、ぜひ下のボタンをポチッと押してください♪
 にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村  
 にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ にほんブログ村
自然情報(動物) | 2016.02.29 Monday 16:10 | comments(0) | - |
コメント
コメントする








   

このページのトップへ