インタープリターブログ/県民の森(栃木県)

 

チョッキリさん



9/8本日は、二十四節気でいうところの「白露(はくろ)」。
陰暦では、今日からが仲秋(ちゅうしゅう)となります。

本来だと、関東地方も残暑が厳しい時期なのですが、今年は早くも秋雨前線が居座ったとかで毎日雨…
日射しが戻るのはいつのことやら。

とか考えながらクモの巣を下から覗いたら、雨粒に風景が逆さに映っていました。


さてさて、花もですが、森は秋の実りも進んでおります。


コナラなどドングリ類も、青い実をつけています。
今年は豊作かな?




そして、この時季に林でよく見かけるのが、若いドングリのついた小枝が地面にわさわさと落ちているもの。
この日も、ミズナラの樹の下でたくさん枝が落ちていました。



ムササビの仕業かな?と拾いあげてみたら…
おや?枝の切り痕が斜めじゃなく真横ですね。

でも、自然にちぎれて落ちたのではなく、明らかに何かが切った痕。
ムササビならば斜めにスパッと噛み切るし、なによりドングリ自体が食べられずにそのまま付いている。
別の生きものでしょう。


そして、よーくドングリを見ると、帽子=殻斗(かくと)のふちに、どれも小さな穴が開いています。


実はこれ、ハイイロチョッキリという昆虫の仕業なのです。

親はドングリ類に穴を開けて卵を産み付け、枝ごと切り落としてしまう習性があります。
ドングリの中で生まれた幼虫は、中で身を食べて育つのだそうです。

しかし、それならば実だけ落とせばよいと思うのですが、葉をたくさんつけた状態で落とすのは何故なんでしょうか?
思うに、落ちる際に葉がパラシュート(またはクッション)のように、衝撃を緩める役に立つのではないのかなー
とか、考えたりもしますが、真相やいかに?


(遠山)
***にほんブログ村のランキングに参加しています。
   「良いね!」と思ったら、ポチッとボタンを押してください♪
自然情報(昆虫) | 2015.09.08 Tuesday 14:44 | comments(2) | - |
関連する記事
コメント
茨城県に住んでいる山仲間が私のブログにコメントを入れました。宮川渓谷沿いのスズメバチの巣を載せたのですが、それを見て・・・スズメバチの駆除なら任せてくださいと?

交通費代と昼飯代で10個までなら駆除できるそうです。
  • なため
  • 2015/09/13 5:17 PM
なつめ様コメントありがとうございます。

ブログに載せていただいた蜂の巣は、
無事駆除してあります。

駆除後、残った働き蜂が居たため1週間ほど
注意喚起をさせていただいていました。
現在、看板も撤去しております。

ご心配ありがとうございます。
  • 案内委員1号
  • 2015/09/16 9:16 AM
コメントする








   

このページのトップへ