インタープリターブログ/県民の森(栃木県)

 

ブナの樹の下で


県民の森もツツジのシーズンが早々とはじまり、毎日、新緑を楽しむ方々がいらしています。

宮川のヤマツツジも、終盤ですね。いまは第二展望台のツツジ園が、ピーク。
季節が山を駆け上っております。


さてさて、この季節は宮川を歩いていると、いろんなものを拾います。


流れに溜まる、なにやらポアポアした毛玉みたいなモノたち。


岩の上にも。


実はこれ、ブナ類(ブナかイヌブナ)の雄花なんです。

宮川にはイヌブナやブナが多く生えているので、流れのそこかしこにふわふわと散りかかっています。

そして、このブナ類の花、動物たちも大好き。
ツキノワグマも好きなようで、花ばかりが入った糞も落ちています。



これはムササビが食べた後に捨てた、ブナの小枝なのですが…


よく見ると、雌花(果実のもと)は残して、雄花だけ食べています。
同じような小枝が、近くにもバラバラと…

雌花のほうがカロリーが高いように思えるのですが、このムササビにとって、雄花にはなにか魅力的な要素があるのでしょうか?




こちらは、風で落ちてきたブナの雌花…というより、もう「若い実」と云ってよいですね。


殻斗の先がひらいていて、中の三角錐のドングリが見えています。
熟す前は、結合部は癒着していると思っていたのですが、熟す前から裂けているのですね〜
ちょっとした発見でした!


あと、こちらも強風の翌日に拾ったもの。


野菜のようですが…さーてなんでしょう?


剥いてみると、白い中身が…


じゃん!こちらが答えです〜
ホオノキの蕾。

とても香りが強く、展示室いっぱいに甘酸っぱい香りが漂っています。
これらブナの青い実とホオノキの蕾は、しばらく森林展示館で展示していますので、ぜひ見にきてください〜

さーて、今度の台風のあとは、なにが拾えるかな?


(遠山)
森のひろいもの | 2015.05.11 Monday 16:26 | comments(0) | - |
コメント
コメントする








   

このページのトップへ