インタープリターブログ/県民の森(栃木県)

 

水無月の花たち

 


6月です、水無月です。 

ふもとの矢板市内でも、麦の刈りいれが始まった様子。 
今は、二十四節気のなかの七十二候で「麦秋至(ばくしゅういたる)」。
入梅も近いですね。 

森林展示館周辺ではカエルたちも活発になり、ホトトギスやカッコウの声が毎日響き、すっかり初夏の様相ですね。 

いろいろな樹の花たちの季節も始まりました。 

 
梅雨の森を彩る、コアジサイが咲き始めています。 

県民の森構内のいたるところに、大きな群生を作っています。 
森林展示館より標高の高いところの最盛期はまだまだ先ですが、満開になると森中が甘い香りに包まれます。 


 
フジもミツモチ登山道で満開です。 
下に立つと、ハチ類の羽音がうんうんうなっているのが聞こえます。 


 
トチノキの花も、ミツバチの重要な蜜源。 


 
こちらはベニバナトチノキ。 
海外産のトチノキの仲間の、花の赤い交配種です。 

よく見ると、マルハナバチの仲間が来ていました(*^_^*) 

 
ノイバラの仲間も、陽だまりで強い香りを振りまいています。 


 
コクワの花。 

今年も豊作だといいな〜 


 
花ではないですが、モミジイチゴの実。 
黄金色に熟してきました♪ 

ゴールデントパーズのような、美しい森の宝石です。 


 (遠山)
自然情報(植物) | 2014.06.04 Wednesday 11:20 | comments(0) | - |
コメント
コメントする








   

このページのトップへ