インタープリターブログ/県民の森(栃木県)

 

紅葉状況【森林展示館周辺2・宮川渓谷上流】

 


雪も降ったし氷も張った。 
先日の寒気でいきなり冬の洗礼を受けてしまった森林展示館周辺ですが、紅葉の見ごろはまだまだ続いております。 

ここ最近の自然・紅葉情報をどうぞ。 


【森林展示館周辺】 
 
昨日に雨空だった以外は、(風花は舞えど)ほぼ快晴の続く森林展示館でした。 
管理事務所の周囲も、植栽のカエデが美しく色づいています。 

 
マロニエ昆虫館館内から。 
裏の植栽と渓谷斜面のカエデ類がきれいです。 

実は昆虫館館内からはこれいな裏庭の様子がよく見えて、野鳥も訪れ、木々の様子も観察できるロケーションなのです。 
もともと館内から自然の様子を観察できるように設計されているのではと思うのですが、真相はどうでしょうか? 

 
霜も2回降りたのに、リンドウもけなげに咲いております。 

 
展示館の向かいの道路は育樹祭会場にまっすぐつながっています。 
右の斜面の下は宮川渓谷。 

ドライブにも気持ちの良い通りですね。 


【宮川渓谷上流】
 
宮川上流も、黄葉の美しい樹が色づいています。 
どちらかというと、赤より黄の方が多い上流部です。 

 
なかなか良い感じですね。 

 
中間的なオレンジ色も多いですね。

 
特に目立つのが、カエデの仲間のチドリノキ。 

 
鮮やかな黄色に染まります。 
こんな形でもカエデなんですよ。 

 
こちらはイヌブナ。 
宮川渓谷の上流部にとても多い樹です。 
黄色に茶のまだら模様で、汚れているように見えそうなんですが、なぜか美しい不思議な黄葉です。 
 
いつもの黄葉ポイント。 
イヌブナが台風の被害で大量に葉が落ちてしまったので去年(10/27記事参照)よりは見劣りしますが、それでもきれいに色づいています。 

 
たまにこんな鮮烈な赤も。 
バイカツツジの紅葉。 

 
堰堤より上流も、黄葉の世界。 
水辺は金色の天蓋がかかっているようです。  

 
いましばらく、宮川渓谷の見ごろは続きそうです。 


 (遠山)
自然情報(植物) | 2013.11.16 Saturday 15:53 | comments(0) | - |
コメント
コメントする








   

このページのトップへ