インタープリターブログ/県民の森(栃木県)

 

秋風のけんもり散歩

気が付けば9月。
暑い日があっても、
肌をなでる風に秋を感じるこの頃です。

ノハラアザミでウラギンヒョウモンが吸蜜してました。

秋風にユウガギクが揺れています。

湿気が多いところに群生しているツリフネソウ。

キツリフネも見かけますが、
構内はツリフネソウが多いです。

ガンクビソウ。
これでも開花中。
目立つ舌状花がなくて、筒状花だけなんですね。

アキノギンリョウソウ。
葉緑素をもたないので真っ白。
夏に出るギンリョウソウに比べて透明感がありません。

イタドリの花が満開。

イタドリにノササゲが絡んでいました。

ガマズミの実が赤くなってきました。

アキグミの実も色づいて宝石みたいに綺麗です。

クサギの実もだんだん青みを増しています。
もう少しするとブローチみたいな青い実を林縁に飾りたてることでしょう。

ツノハシバミの実も実ってきました。
ドングリのような堅果はナッツの味で美味しい。
秋も楽しい県民の森でお待ちしています。
 
(アクツ)
-----
秋の見どころも増えている県民の森ですが、
明日から4日間、森林展示館の森林解説員がご案内する
有料ガイドウォークが開催されます。
ご興味がある方はどうぞご参加ください。
 
 
◇日時/9月13日(金)・14(土)・15(日)・16(月祝)
◇時間/10:30〜11:30
◇受付/10:00〜10:20
◇料金/1000円
◇定員/9名
◇ガイド/森林展示館森林解説員
     本多(13・14) アクツ(15・16)
◇申込/予約不要。開催時間前に森林展示館窓口にて。
◇問合せ/県民の森管理事務所
 ☎0287-43-0479(8:30〜17:00)
-----
 
自然情報(植物) | 2019.09.12 Thursday 16:39 | comments(0) | - |

レンゲショウマが咲き始めました!

梅雨が明けてからというもの連日暑い日が続いていますね。

まさに夏本番です!!

 

宮川渓谷沿いでも夏の花々が続々と咲き始めていますよ。

渓谷沿いの岩場には『イワタバコ』

日当たりの良い場所では、つる植物の『ボタンヅル』が樹木に絡んでいます。

 

 

そして、薄暗い林床では森の妖精と呼ばれる『レンゲショウマ』が咲き始めたばかりです。

透き通るような白い萼が暗い中でぼんやり光っているように見え、幽玄な姿を醸し出しています。

今年は一株一株の蕾が多く、長い期間花が見られそうな予感。

花が終盤になってくると花弁が茶色く変色してしまうので、写真撮影される方は早めに来ることをおすすめします!

 

 

 

 

 

 

そしてこのレンゲショウマをいち早く、深く知ることのできるイベントもまだまだ参加者募集中!!

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

『レンゲショウマとハープの調べ』

 

 

森の妖精とよばれる『レンゲショウマ』。

薄暗い森の中でひっそりと咲くその花は、なんとも妖しく幽玄な雰囲気をかもしだしています。

宮川渓谷沿いのレンゲショウマを観察した後、森のハープ弾き、阿久津瞳さんによるハープの演奏を聴いて幻想的な世界へ

いざないます。

 

日 時:2019年8月10日(土)10:00〜12:00

定 員:20名

対 象:小学生以上

料 金:中学生以上ひとり1,000円、小学生ひとり800円

申 込:県民の森管理事務所☎0287-43-0479にて受付中

講 師:阿久津 瞳 https://moriharp.wixsite.com/moriharp

県民の森公式HPhttp://info.tochimori.moo.jp/?eid=67

 

ネイチャーガイドもこなす自然が大好きなハープ演奏者の阿久津瞳さん。

このイベントでは瞳さんによるガイドをはじめ、ハープの演奏、参加者対象のハープ弾き体験などを通して自然への理解を深めることができますよ。

ぜひ、プロによる演奏でハープの優しい音色に癒されてはいかがでしょうか?

ご参加お待ちしております。

 

 

本多

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村  

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ にほんブログ村

 

 

- | 2019.08.06 Tuesday 13:54 | comments(0) | - |

ツツジ情報 5/20

本日は雨。

全国的に大雨となって警報などが出ている地域もあるようです。

これから梅雨に向けて雨が多くなっていきますので皆さまも十分注意してお過ごしください。

 

5月20日雨が降る前に構内を巡視してきたのでツツジの咲き状況をお知らせいたします。

今一番見頃を迎えているのが第2展望台近くのツツジ園です!

ヤマツツジが見事に咲きそろい、けんもり名物『ツツジのトンネル』をつくりだしています!

この日はなんと4種のツツジが一度に見られました!

ヤマツツジ

トウゴクミツバツツジ

シロヤシオ

レンゲツツジ

トウゴクミツバツツジとシロヤシオは見頃は過ぎてしまったようです。

レンゲツツジは咲きはじめたばかり。
 

 

 

 

 

第1展望台周辺はヤマツツジが見頃です。

キャンプ場でもヤマツツジがなんとかまだ見られますが、雨でダメージが大きいかもしれません。

この雨で花が落ちてしまわないか心配です。

宮川渓谷沿いや展示館周辺ではレンゲツツジのみですが数が少ないので、ツツジを観たい方は標高の高い場所がオススメです。

雨が上がったら、再度ツツジを確認してきたいと思います!

 

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村  

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ にほんブログ村

 

(本多)

自然情報(植物) | 2019.05.20 Monday 15:51 | comments(0) | - |

令和のけんもり【野鳥情報】

『令和』という新しい時代がはじまりましたね。

大きな節目を迎えていますが、けんもりの生きものたちはいつも通りの生活をしています。

展示館前の池にはヤマアカガエルの卵塊が溢れ、今やオタマ王国となっております。

ほかにも夏鳥たちがまた今年もやってきてくれています。

遅くなりましたが、報告させていただきます。

 

【野鳥情報】

4/16 オオルリ♂初鳴き確認@キャンプ場

4/18 コサメビタキ、クロツグミ、サンショウクイ確認@宮川

4/22 キビタキ、コマドリ確認@宮川下流

4/28 ツツドリ初鳴き確認@宮川下流

5/3  サンコウチョウ♂、ヤブサメ確認@宮川下流

 

4/22コマドリは数日滞在していただけなので、今現在はおりません。八方の方へ上がっていったのでしょう。

連休中オオルリは展示館周辺でかなり近くでさえずるほどでしたが、今は梢でさえずっていることが多くなってきました。

サンコウチョウは宮川下流のスギ林の方から、よく声が聞こえてきます。

運が良ければ、サンコウチョウの姿を見られるかもしれません。

また樹木の葉の展開が進んできていて、宮川渓谷沿いでは野鳥を探すことがいよいよ難しくなってきましたので、お早めに。

 

 

 

【野鳥観察・撮影される方へお願い】

ルールとマナーを守って、野鳥はもちろん他の方に迷惑にならないよう、自然のままに見守ってあげましょう。

また定期的にスタッフが自然情報を確認しに巡回しておりますので、ルールやマナーを守らない方を見かけた際にはお声掛けさせていただく事がございます。

                                                                                   キビタキ@宮川 kodaira

 

 

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村  

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ にほんブログ村

 

(本多)

 

自然情報(動物) | 2019.05.09 Thursday 14:42 | comments(0) | - |

宮川渓谷は春本番!

寒さが和らいできて、そろそろ外へお出かけしたくなる季節になってきましたね!

宮川渓谷では早春の花々であるカタクリやキクザキイチゲ、アズマイチゲなどの花の群落は消え、種の結実へと移ってきています。

その代わりに今はニリンソウのお花畑が私たちを楽しませてくれていますよ。

昨年、笹刈りを行い整備した宮川渓谷の下流域ではニリンソウの大群落は見ごたえ十分!

ピークは過ぎてきているのでGW中は早めがオススメです。

 

春はこれからが本番!

他にも様々な花がどんどん開花してきています!

アケボノスミレや

スミレ

ハルリンドウ

モミジイチゴ

ウスバサイシン

トウゴクミツバツツジ

 

花だけでなく、木々の葉たちも芽吹きが始まっています!

イヌブナ

カラマツ

 

山はようやく春色に色づき始めてきています。

GWは賑やかな観光地も良いですが、自然豊かで静かな県民の森に遊びにいらっしゃいませんか?

 

 

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村  

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ にほんブログ村

 

(本多)

- | 2019.04.25 Thursday 14:41 | comments(0) | - |

このページのトップへ