インタープリターブログ/県民の森(栃木県)

 

滝の復活とレンゲショウマ

 

 

 

ここのところの気候で、宮川の水量もようやく例年並みに戻りました。

うむ、なかなかに涼しくてよろしい(-ω-*)

 

今回は、レンゲショウマ花期の名残と、宮川の下流の滝の様子をご報告します。

(滝画像は昨日8/25のもの)

 

<創造の滝>


<反省の滝>

 

<五条の滝>

 

最近はすぐ水流が乏しくなり、瀑布が消えることの多かった宮川下流ですが、最下流の<五条の滝>までどうどうと落ちております!

特に、森の緑があざやかで涼しさが心地よいこの季節こそ、まさに見頃と言えます。

 

【レンゲショウマ状況】

構内のレンゲショウマはほぼ花期終盤ですが、ぽつぽつと林に残り、名残の美しさを見せています。

<宮川遊歩道>

全域でほぼ終盤を迎え、今週末で終了でしょうか。

一部のポイントで、咲きはじめの株が数本咲いていて、つぼみもまだついているので、そちらは今月いっぱいは楽しめるかもしれません。

 

<それ以外>

渓流沿い以外の群落でも、ほぼ終盤です。

こちらも、最後の一輪がぽつぽつと10株ほど咲いています。

 

青空と一緒に撮れた、珍しいショット♪

ここは日が当たる場所なので、撮影はしやすいかもです。

 

今週末位が、まさにレンゲショウマの見納めです!

涼みがてら、ぜひおいでくださいませ。
自然情報(植物) | 2016.08.26 Friday 15:20 | comments(0) | - |

台風通過のその後は・・・

 

22日に台風9号が関東地方を抜け、昨日の県民の森は台風一過の青空〜♪

となったのは午前中だけでした。

午後からは土砂降り再び(-_-;)

 

雨が降る前に宮川の巡視をしよう!

と言う事で、スタッフによる宮川巡視を行いました。

(画像は午前中〜雨が降り出す前のものになります。)

 

まずは上流。

堰堤の滝が綺麗にできていました。

前にいくと涼しい。

少々轟音ではありますが・・・・

 

展示館近くにあるBBQ広場前も一面の水。

流れが穏やかそうに見えて、速いです。

足をつけるだけでも注意が必要です。

深い所もありますし。

 

 

続きまして下流。

 

創造の滝復活!

良い轟音を立てております。

1日経っているからか、水の色や量も落ち着いてきている感じ。

 

反省の滝も復活!

久しぶりにこの水位を見た気がします。

最近、水が地下に潜ってる時の方が多いから・・・・。

 

宮川全体では特に歩行の妨げになるような大きな倒木は見当たりませんでした。

ですが、落ちた小枝や太くはないけど注意して頂きたい折れ枝もありますので、

散策をされる方は一度森林展示館にお立ち寄りください。

 

 

(石下)


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ にほんブログ村

 

イベント・お知らせ・報告など | 2016.08.24 Wednesday 10:26 | comments(0) | - |

珠からうまれたタマアジサイ

 

 

今日は、キラキラの快晴です!

 

昨日に続き、本日も宮川の水流は豊かです。

沢の水飛沫も、さわやかに。

はーーーーー涼しい〜〜〜(*´д`人´д`*)

 

 

そんな爽やかな森で、いっそう涼をひきたてるタマアジサイを、今回はご紹介します。

(いつも同じタイトルで申し訳ありません…)

 

薄紫の両性花に、純白の装飾花。

なんとも気品のある色合いのアジサイです。

 

県民の森構内では、林道高原線(森林展示館〜キャンプ場〜県道56へ抜ける道路)の群落がピークを過ぎました。

 

このタマアジサイ、アジサイの仲間なのですが、咲く前は苞につつまれていてこんな球形。

これが「玉紫陽花」の名の由来だそうです。

 

案内人2号としては、「玉」より「珠」の字をあてたいところです。

しゅるしゅると珠がほどけて…

 

ポン!

アジサイになりました。

 

でも実は、まだこの状態では「開花」ではないのですよ。

 

中心部の紫色の両性花をよーく見てみると…

このとおり、つぼみの塊なのです。

アジサイの仲間は、たくさんの花が集まって一つの花のようになっているのですね。

 

ちなみにこちらが、開花した状態。

雄しべがよく目立ちますが、ちゃんと雌しべもありますよ。

中心部の薄紫の花たちは、両性花(雄花と雌花を両方もつ花)なのです。

 

そして、ふちを彩る白い装飾花。

こちらは雄しべのみ、あります。

 

花期も終盤なので、観るなら今ですよ!

 

(遠山)


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ にほんブログ村

自然情報(植物) | 2016.08.19 Friday 16:19 | comments(0) | - |

滝の音と秋の気配

昨夜までの雨で宮川渓谷の水量が増え、

事務所からも流れの音が聞こえます。

 

今日現在、全ての滝が復活していますのでご紹介します。

 

「傾聴の滝」

 

「創造の滝」

 

「反省の滝」

 

そして散策コース最下流にある「五条の滝」

この滝に水が落ちるのを見るのは本当に久しぶりです。

近いうちにまた枯れる可能性が高いので、

水があるうちにぜひ訪れてみてください。

 

早いもので宮川渓谷のレンゲショウマは終盤を迎えてしまいました。

見頃は今週末くらいまでになるかもしれません。

 

レンゲショウマの隣にキバナアキギリの花を確認しました。

夏の終わりと秋の訪れを感じさせる花です。

 

以下、本日見かけた花を駆け足でご紹介します。

 

ヤマジノホトトギスはあちらこちらで咲きだしています。

 

オクモミジハグマも咲きはじめたところです。

 

キンミズヒキ

 

芳香を感じて見上げると、

 

ボタンヅルがびっしりと咲いていました。

 

ツユクサの青は実に美しい。

 

ゲンノショウコ

 

カタバミ

 

 

ひっつき虫の一種、ナガバハエドクソウ。

 

こちらもひっつき虫。

ケチヂミザサ。

 

ウバユリの実にナツアカネ。

 

こちらの個体は顔も赤くなりはじめました。

 

ハキダメギク。

小さな舌状花がかわいい。

 

 

つる性のアカネも花が咲きました。

 

こちらはニガクサでしょうか。

実におもしろい形状をしています。

今度ゆっくりと観察してみたいものです。

 

マツカゼソウ。

ミカン科の草本とのこと。

 

 

マロニエ広場ではカツラの葉が色づいて、

かすかに甘い匂いが漂っています。

 

暑さがひと段落して空が高くなってきたら、

県民の森に秋の気配を探しに来ませんか。

 

(アクツ)

 


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ にほんブログ村

- | 2016.08.18 Thursday 16:44 | comments(0) | - |

盛夏の渓流 花々たち

 

 

お盆です!

気づけば、森林展示館周辺もツクツクボウシが鳴き、野鳥たちの巣立ちビナの声で賑やかになっていました。

森は盛夏の真っただ中、レンゲショウマ以外の花々も、ご紹介したいと思います。

 

ヤマジノホトトギスも花期に入っています。

これから初秋まで、山歩きの眼を楽しませてくれる花です。

 

真夏の暑い日差しがとてもお似合いの、ボタンヅルが最盛。

テッセンなどと同じクレマチスの仲間です、降るようにたくさんの小さな白い花をつけるのが特徴です。

 

夏の宵を彩る、メマツヨイグサも咲いています。

マツヨイグサの仲間は、お月様のような透明感のある黄色い花を、夜に開き、朝にはしぼんでしまう一日花。

「待宵草」の名前の由来もそこにあります。

 

夜間に活動するガの仲間などに、花粉を運んでもらう虫媒花でもあります。

 

ノササゲの可愛らしい花も、咲きはじめていました。

黄色いソックスをはいた足のような、小さな花がたわわにぶら下がっています。

 

こちらはトチバニンンジンの赤い実。

葉がトチノキに似ていて、高麗人参のような根をつけるので、この名があります。

 

ツチアケビが、早くもソーセージのような実をつけていました。

 

 

そうそう、8/9の旧暦七夕に、森林展示館玄関に展示していた七夕飾りをお焚き上げ(?)しました!

来館者の皆様には、さまざまな願い事の短冊を下げていただきましたが、無事、天に届けましたよ〜(*^_^*)

 

 

と、こんな感じで夏も折り返しを過ぎましたが、まだまだ暑い日が続きます。

 

花咲く、涼やかな宮川渓谷にぜひおいでください。

(遠山)


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ にほんブログ村

自然情報(植物) | 2016.08.13 Saturday 16:04 | comments(0) | - |

このページのトップへ