インタープリターブログ/県民の森(栃木県)

 

〜2018夏鳥情報〜

 

トウゴクミツバツツジが見頃を迎えた宮川渓谷では、

夏鳥のにぎやかなさえずりがよく聞こえるようになってきました。

 

 

夏鳥についての問合せも多くなってきたので、現在の野鳥情報をお知らせいたします。

**************************

【野鳥情報】

3/23   ミソサザイ確認

3/25   ウグイス初鳴き

4月上旬   ミソサザイよく鳴く(宮川)

4/15   サンショウクイ、センダイムシクイ、ヤブサメ初鳴き確認(宮川下流)

4/18   クロツグミ初確認(宮川上流)

4/19   オオルリ、キビタキ初確認(宮川下流)

4/20   サシバ確認

4/21   コサメビタキ確認(宮川上流)

4/22   ミソサザイ静かになる(営巣か?)、カワガラス確認(宮川上流)

4/24   ツツドリ初鳴確認

**************************

 

 

野鳥観察しやすい宮川渓谷ですが、

今年は例年と比べて樹木の葉の展開が早いです。

現時点で野鳥の観察がなんとか出来ているという感じ。

今週末までが見やすい時期だと思います。

ゴールデンウィーク後半ですと更に葉が邪魔して

観察は難しくなってくるかもしれませんね。

 

 

また、サンコウチョウにつきましては現在スタッフの方では確認できておりません。

早い年では5月初旬。いつごろホイホイと鳴くのか楽しみですね!

 

県民の森の最新情報はfacebookTwitterでもご案内しておりますのでご利用ください。

 

 

 

(本多)

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村 

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ にほんブログ村

 

自然情報(その他) | 2018.04.24 Tuesday 10:10 | comments(0) | - |

【報告】4/15森の集い「好きです!春の花」

新年度、第1回目の森の集いのご報告をさせて頂きます。

 

毎年恒例「好きです!春の花」4月15日(日)に開催されました。

前日から雨が続く予報で当日開催できるか心配でしたが、当日朝は小雨。

回復していく予報ということで開催することが出来ました!

 

出発前になんとサンショウクイ、センダイムシクイの鳴き声を初確認!

なんだかラッキーな気分でスタート!

冬芽の観察と同様、講師は栃木県シダの会会長 「田代俊夫」先生です。

さっそく駐車場のアスファルト脇へ。

アスファルトのすき間をぬって様々な花が咲いています。

スミレや

キュウリグサ、

セイヨウタンポポsp

これらのお花は街中でもよくみかける植物達ですね。

 

 

宮川渓谷下流ではカタクリは終盤をむかえ、結実したものが多く見られました。

例年この春の花観察会の時季にはカタクリの花が見頃になることが多いのですが、今年はやはり早いようです。

その代わりニリンソウが最盛期でした。

天気がいまいちなのでアズマイチゲの花もやる気が起きない様子。

ニリンソウに混じってホソバノアマナを1株だけ発見!

名前の通り細い葉が華奢な感じで女性的なイメージ。

栃木県では絶滅の恐れがあり、個体数の少ない植物です。宝探しのようで楽しくなりますね。

帰りの道中にはヤマブキがたわわに花を咲かせていました。

 

その他、宮川渓谷下流で確認した植物としては

アケボノスミレ、アズマイチゲ、アリアケスミレ、イヌブナ、ウスバサイシン、エイザンスミレ、キランソウ、コクサギ、コゴメウツギ、セントウソウ、タチツボスミレ、ツルキンバイ、ニョイスミレ、ヒゲネワチガイソウ、ヒメスミレ、マルバスミレ、ミヤマウグイスカズラ、ヨゴレネコノメソウ、ムラサキサギゴケ、ミツバツチグリなどです。

 

 

 

一覧を見てわかる通りスミレの種類が多く、春の宮川渓谷では様々なスミレが見られます。

そんなスミレの世界を知りたい方は、以下の観察会も企画しておりますよ。

 

【スミレ逍遥2018 @県民の森】
●日時:4月29日(日祝)・5月6日(日)
●時間:10:00〜11:30
●場所:県民の森 森林展示館〜宮川渓谷周辺
●対象・どなたでも
●定員:10名程度(先着順)
●料金:500円
●申込:予約不要。開催時間前に森林展示館窓口にて。
●問合せ:県民の森管理事務所
 ☎0287-43-0479(8:30〜17:00)
※小雨決行・荒天中止

 

今週末はお天気がよくなるようなので、お出掛けしてみては?

ぜひお待ちしております(^^)/

 

(本多)

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村  

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ にほんブログ村

イベント・お知らせ・報告など | 2018.04.18 Wednesday 12:13 | comments(0) | - |

樹木の芽吹き

早春の花が出揃い、見ごたえのある宮川渓谷となってきました。

そして、これからの時期は「新緑」

樹木の葉が展開してくるときです。

 

今回は樹木を中心にチェックしてきました!

 

今、宮川で一番萌黄色に目立っているのは

イヌブナ。

雄花、雌花と葉が展開しています。今年は豊作かもしれませんね。

葉は、まだ柔らかくシナシナ〜としています。

ムササビにとってはこの時季だけのご馳走。

宮川ではムササビの食べた痕「食痕」を見つける事もありますので、散策がてら捜してみるのも楽しいです。

こちらはトチノキ。まだベトベトしてました。

これはベニバナトチノキ。

マロニエとアカバナアメリカトチノキとの雑種で、トチノキのようなベトベトがありません。

コアジサイ。

今年も綺麗な花を期待しています。

葉がブラシのように詰まって出てきているカラマツ。

これで歯を磨けそうな気がします。

イロハモミジの早いものは花の蕾もありました。

葉は綺麗に折りたたまれていたのがよくわかります。

これから掌状に展開していきます。

 

花が終わり、葉が出てきているものもありました。

フサザクラや

こちらはキブシ。

花序が目立つので遠くからでも見つけやすいですね。

 

宮川では他にもさまざまな樹木の芽吹きが始まっています。

 

 

毎春、植物を観察していると

なんだか元気が出てきて前向きな気持ちにさせてもらえます。

それは芽吹きに強い「生命力」が感じられるからだと思います。

私はそんな早春の時期が一番好きな季節です。

皆さまも花や樹木の芽吹きを観察しにおでかけしてみてはいかがでしょうか。

 

(本多)

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村  

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ にほんブログ村

自然情報(植物) | 2018.04.07 Saturday 12:07 | comments(0) | - |

早春の花が勢ぞろいです!

4月に入り、暦では「清明」の季節。
万物が春の息吹を謳歌する時期。
宮川渓谷でも次々と春の花が咲きだしています。

葉の形状が独特なエイザンスミレが素晴らしい芳香を放っています。

丸く白い花弁がかわいいマルバスミレ。

シハイスミレは県民の森を代表するスミレ。

引き込まれるような深い紫のスミレ(マンジュリカ)。

アズマイチゲやキクザキイチリンソウも咲きそろってきました。

水辺の近くではニリンソウが咲きはじめたところ。

カタクリは開けたところではピークを過ぎつつありますが、場所によっては新鮮な花が見られる場所も多いです。

そして昨日、展示館前のソメイヨシノが開花しました。
今まさに、春の花が勢ぞろいしつつある県民の森です。
GWまでの毎週日曜日、ガイドウォークのイベントがありますので、ご興味がある方は是非ご参加ください。
----------
今週末は【スミレ逍遥2018 @県民の森】の第2回を開催します。
 
今回は10種以上のスミレをご案内できそうです。

●日時:4月8日(日)・22日(日)・29日(日祝)・5月6日(日)
●時間:10:00〜11:30
●場所:県民の森 森林展示館〜宮川渓谷周辺
●対象・どなたでも
●定員:10名程度(先着順)
●料金:500円
●申込:予約不要。開催時間前に森林展示館窓口にて。
●問合せ:県民の森管理事務所
 ☎0287-43-0479(8:30〜17:00)
※小雨決行・荒天中止
----------
来週末は【森の集い「好きです!春の花」】を開催。

カタクリやキクザキイチゲ、スミレ類など、森が新緑に覆われる頃には消えてしまう「早春の花」を中心に観察します。

≪要予約≫
●日時:4月15日(日) 9:30〜12:00
●場所:県民の森 森林展示館〜宮川渓谷周辺の遊歩道
●講師:田代俊夫先生(栃木県シダの会会長)
●対象・栃木県在住の方
●定員:20名(先着順・定員になり次第締切となります
●料金:無料
●申込:受付中。お電話でお申し込みください。
●申込先:県民の森管理事務所
 ☎0287-43-0479(8:30〜17:00)
----------
(アクツ)
 
自然情報(植物) | 2018.04.06 Friday 15:29 | comments(0) | - |

【報告・お知らせ】もうすぐ春です!芽吹きも間近〜冬芽の観察〜

こんにちは。

昨日3/26に宇都宮では桜の開花宣言がありましたね!

 

県森でもカタクリやニリンソウなどもぞくぞく咲いてきて春の到来です。

 

 

少し遅れましたが、

先日3/18(日)に開催された

今年度最後の森の集い「もうすぐ春です!芽吹きも間近〜冬芽の観察〜」の様子をご報告させて頂きます。

講師はもちろん、植物の幅広い知識をお持ちの栃木県シダの会会長「田代俊夫」先生。

まずは座学から。

実際にカッターを使い、冬芽の断面を見たり、

ルーペを使い、じっくり観察しました。

座学が終われば野外での観察会

毎年、冬芽の観察会の時季にはダンコウバイが満開になります。

 

展示館前の植栽アカヤシオ

観察した日はぷっくりした冬芽も


1週間ほどで赤い花びらが見えるまでになっていました!

 

 

 

 

 

座学の中でおもしろかった植物をひとつご紹介します。

マタタビ科のつる植物である「サルナシ」です。

白い小さな花を咲かせて、キウイに似た甘酸っぱい実がなります。

そんなサルナシですが、冬芽がどうなっているかというと、

一見葉痕(葉の落ちた痕)しかわからないのですが、

カッターで断面をさいてみると何やらワシャワシャしたものがあります。

この茶色の物は繊維だと思いますが、この周辺にサルナシの冬芽があります。

※画像が見づらくて、ごめんなさい。

サルナシの冬芽は葉痕の周囲などが膨らみ、この中に隠れていて外からは冬芽があるかは見えません。

これを「隠芽」といいます。

サルナシは冬芽自体を内部で守りながら寒い冬を待ち、春を待っているのですね。

そして、なんと今朝その冬芽が樹皮をつき破っているではありませんか!

 

 

 

冬芽を観察することで植物によっていろんな戦略があることが判り、

つくづく植物の生命力に驚かされます。

また冬芽の観察後、春の芽吹きを再度観察してみるのも面白いですね。

 

 

ということで次回の森の集いは、

平成30年度 第1回目となる

4月15日(日)「好きです!春の花」を開催いたします。

講師は冬芽の観察と同じ「田代俊夫」先生をお迎えいたします。現在、参加者募集中です!

 

 

4/30(月)「春の野鳥観察〜さえずり散歩〜」も現在、参加者募集中です!

また今年度の森の集いの予定表が出来上がりました!

県民の皆様に楽しんでいただけるよう、新たな企画が加わりました!是非ご参加ください!!

 

(本多)

イベント・お知らせ・報告など | 2018.03.27 Tuesday 11:28 | comments(0) | - |

このページのトップへ